ゴディバの義理チョコ広告について考える

今日はバレンタインデーですね♪ 昨日、私はお気に入りの銀座2丁目のチョコレート屋さんでお世話になっている男性陣へ(義理)チョコを買いました。

(義理)チョコとは書きましたが、ちょっとばかり心がこもっておりまして、あらかじめ詰合せになってものではなく、贈る方の顔を思い浮かべながら、一粒一粒、美味しそうなプラリネを選んで、その場で箱詰めにしてもらったのでした。私が欲しいくらいです。

店内は女性でいっぱいでしたが、皆さん、複数個を購入されているようなので、やはり義理チョコも含まれているのではないかと思われます。(本命がいっぱいいたりして・・・)

2月の初旬、「義理チョコをやめましょう」というような一面広告をゴディバが日経新聞に掲載しました。いつも広告は殆ど読まない私ですが、「え~、チョコレートメーカーがこんなこと書いちゃっていいの?さすがゴディバ 強気ぃ~」と非常に驚きました。

あの広告は賛否両論で、世間一般にも非常にインパクトがあったようです。
いろいろな意見があると思いますが、私のような狭い業界の、しかも小規模な組織で働いていると、いくら義理チョコとわかっていても、男性は頂ければ嬉しいものだと思いますので、人間関係の潤滑油として、このシステムはあってもよいかな~と思っています。
ただ、大企業の女性社員だったら、「ゴディバ、有り難う!よくぞ言ってくれました!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

そしてあの広告効果でゴディバやその他のチョコレートの売り上げはどうだったのでしょう?義理チョコが減れば、その分、ホワイトデーのお返しも減りますものね。
特にお菓子業界とご縁があるわけではありませんが、興味津々の菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ