やや!こんなところにデコポンが・・・

前回のブログで私がかんきつ類好きであることをお伝えしたのですが、特にデコポンが好きです。
外皮は手でむけるし、中の皮もやわらかくてムッキーちゃん要らず、美味しいのはもちろんですが、デコポンという名前も、デベソのような形も可愛くて気に入っています。そろそろデコポンの季節も終わりで寂しいです。

さて先日、私は朝食時にデコポンを美味しく頂き、その後、歯磨きタイムとなりました。

通常、私の朝晩の歯磨きは
1) テペのノバで、全体と歯が倒れている箇所などの大まかな汚れを取り
2) テペのタフトブラシで奥歯の裏側や全ての歯の歯茎の境目をなぞるように汚れを取り
3) テペの歯間ブラシで歯間の汚れを取り
4) ルシェロのフロスで歯間ブラシが入らない、歯と歯が接触している箇所の汚れをこすって落とす

と、この4段階で終了するのですが、なんと、4番目のフロスを使用していたところ、最後の最後に右上奥の6番と7番の間から、デコポンの薄い皮が引っかかって取れてきました!
以前、3)の段階でキウイの種が押し出されたことはあったのですが、最後の4番目になってこんな大きな食べかすが出てきたのは初めてでびっくりしました。

可愛い顔をしてデコポンは侮れませんね!・・・というのがこの長いブログの主旨ではなく、お伝えしたいことは、歯ブラシだけでは落せる汚れには限りがあるということです。
3)の歯間ブラシの段階で終わっていたら、デコポンの皮はずっと私のお口に中に留まり、細菌のカタマリとなったかもしれません。

以前の青山さんのブログにもありましたが、4種類の歯磨きグッズを使用するなんてそんな時間が無い!と思われる方も多いと思いますが、慣れてしまうと苦にはならず、逆にやらないと気持ち悪く感じます。朝は忙しいので全行程で5分くらい、夜はテレビを見ながらもう少し時間をかける場合もあります。以前、時間短縮のために電動ブラシを使用した時期もあるのですが、前歯の着色が気になり手磨きに戻しました。時間と手間をかけてあげると、やはり歯の表面はツルツルして気持ちが良いです。

思えばお口とは、食べ物が身体へ入っていく最初の場所です。
歯も大切な身体の一部。是非、清潔に保ちたいですね!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ