三菱一号館美術館のシャルダン展に行って参りました。

先週の土曜日は診療日だったのですが、診療が終ってから次の約束までちょっと時間が空いてしまいました。どうしようかな~食事の前だしコーヒーとかは飲みたくないな~とか考えているうちに丸の内のブリックスクエアあたりにきてしまい、そーだ、三菱一号館美術館で開催中のシャルダン展を見に行こうと思いつきました。
 
シャルダンという画家について全く無知でしたので、ちょっと見ても良いかと。正直、ウサギとか、鳥とかの獲物がぶら下がっている静物画には興味が無いのですが、美術館の外に貼ってあった木いちごの絵のポスターが美味しそうで、惹かれて入ってみました。
 
三菱一号館美術館はロートレック展以来なので、ちょうど、一年ぶりくらいかしら?相変わらず床の足音が響くのと、部屋が小分けされているので、自動ドアを出たり入ったりが多いのには閉口させられますが、威風堂々とした建物で、贅沢な美術館ですよね。
 
ちなみに、木いちごのほかにも桃・スモモといった果物の絵があり、みな、とても美味しそうで、大いに食欲を刺激されました。人物画もとても穏やかで、静謐の画家といわれるのが良くわかりました。これだけのシャルダンの絵が一堂に介されることは日本では初めてだそうで、なかなか貴重な美術展みたいです。行ってよかったと思いました!
 
受付 菊地
 

 
 

ページトップへ