「この歯、サイコー!」

私が書いたブログの履歴を見ていたら、最近、歯根破折の話題にかなり偏っているなと思いました。
お問い合わせも多く、私自身が経験しているため思い入れが強すぎるのかもしれませんが、院長先生はもともとインプラント専門医ですので、従来通り、インプラントの患者さんもお越し頂いております。

最近定期検診にいらしたインプラント患者さんなのですが、数年前に地方に居を移し、東京には新幹線で出張でお出でになるだけなのですが、お時間を見つけて定期的に検診にいらっしゃいます。
もともと遠方からの患者さんの通院の便を考えて院長先生は京橋に開業されたそうですが、やっぱり東京駅から徒歩圏というのは嬉しいですよね。(私達スタッフも、銀座も日本橋も丸の内も近くて、仕事帰りにエンジョイさせて頂いております。)

さてさて、この患者さん、帰りがけに
「この歯はサイコ―だよね。家を買うより良かったよ」
とおっしゃって下さったので、なんだかとても嬉しくなりました。

お陰様で私はまだインプラントのお世話になっていないため、患者さんのお言葉は実感できないのですが、ですが実際にインプラントを入れていらっしゃる患者さんがそうおっしゃるのですから、きっとそうなのでしょうね。

将来的にこの患者さんが当院までの通院が難しくなっても、その場合は世界標準のブローネマルクシステムのインプラントですから、当院からインプラントのデータをお渡しすれば、お近くの歯科医院さんに転院することも可能だと思います。現在、いろいろなインプラントシステムがあるようですが、ブローネマルクシステムでしたら、どこに行っても(海外移住でも)安心だと思います。

人生100年時代に突入した今、これからインプラント治療を検討される皆様は、その後のメンテナンスも考慮に入れてインプラントをお選びになったほうが良いかもしれませんね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ