歯の”再石灰化”とは

以前のブログ、ベルギービールのお話で、ビールや炭酸飲料などは歯を溶かす(歯科用
語で脱灰)とお話しました。
それを聞いて飲みにくいなぁ…なんてお声をあちこちで耳にしましたので、今回は"
"を修復する、"再石灰化"という作用についてお話します(^-^)
 
『まだ初期虫歯なので歯磨きを頑張って下さい!』なんて言われたことはありません
か?
それは"再石灰化"という作用に期待しているからです。
 
初期虫歯とは、歯の表面が溶けて白く変色する(脱灰)などの変化が起こっているが、
まだ虫歯の穴が空いてない状態のこと。
歯の表面に付着したプラーク(歯垢)がその直下の歯の表面を最も脱灰(溶かす)するの
は、食事や間食の後です。
虫歯菌が砂糖などを取り込み、歯に穴を空ける為の酸を放出するのです。
 
エナメル質に酸が付着すると、歯からミネラルやイオンなどが流れ出します。これが"脱灰"と呼ばれる現象です。
この1度は溶け出したミネラルやイオンが、再び歯の表面に戻って溶かされた歯の表面
を修復する作用のことを"再石灰化"と呼んでいます。
 
実はこれらはほぼ食事の度に繰り返されます。
この脱灰と再石灰化のバランスがとれていれば、溶けても修復されるので虫歯になる
ことを防ぐことが出来ます。
しかし修復が間に合わないと・・・次第に穴になってしまうのです。
 
この"再石灰化"という作用は唾液にもありますが、積極的にフッ素を使うことで促進
させることが出来ます。
食べたいもの、飲みたいものは、やはり我慢せずに摂取したいですよね。
フッ素入り歯磨き粉やフッ素洗口剤などを上手に活用して虫歯を防ぎましょう。
 
当医院では様々なアイテムを置いています。
どのアイテムが良いかは、私たち歯科衛生士までご相談を。
 
歯科衛生士 島田