患者さんのお声が変わった!

当院では初診のご予約はお電話で承っておりますので、受付職は日々、いろいろな歯の悩みをお持ちの方とお話させて頂くことになります。

先日、歯根破折のご相談でお電話頂いた女性のお話です。
かかりつけ医から歯根破折を指摘され、「今週の土曜日に抜歯予定なのですが、その前にそちらで診てもらえますか?」とのご希望でした。

生憎、今週はご予約が塞がっていたため、2週間ほど先でご予約をお取りし、とりあえず、今週末の抜歯は、当院の診療が終わるまで延期をしていただくことになりました。

きっと抜歯を宣告されてショックだったのでしょう、最初にお電話を受けた時には、患者さんは深く沈んだお声だったのですが、現時点ではご予約は2週間ほど先になるけれど、インフルエンザの時期ですし、もしキャンセルが出たらご連絡しますね!とお話していくうちに、だんだんと患者さんの声に元気が出てきました。
もしかしたら抜かなくて済むかもしれない!と、希望を持たれたのかもしれません。

歯を残せるかどうかは、実際には院長先生の診療を待つことにはなりますが、それまでずっと不安でいらっしゃるより、少しでも希望が持てたら日々、明るくなりますよね。

実際に歯根破折を経験している私は、患者さんのご不安なお気持ちが良くわかります。
今回、電話を受けた際と切る際の患者さんのお声が劇的に変わったことで、受付は歯科の専門職ではないけれど、少しでも患者さんにお気持ちに寄り添い、サポートできたらいいなと思いました。

久しぶりに真面目なブログを書いてしまって、ちょっと赤面している菊地でございました。

明日から一段と寒さが厳しくなるようです。
どうぞ皆様、防寒対策をしっかりなさって、良い三連休をお過ごし下さい。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ