インプラント治療に携わる歯科衛生士として

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。先日、医院のお休みを利用して、所属している日本口腔インプラント学会の支部大会に参加して参りました。

私が受講したのは、歯科衛生士 柏井 伸子先生の「患者さんに寄り添うインプラント治療のために」という講座です。
インプラント治療には期間と費用がかかり、外科手術を伴う為、他の歯科治療よりも患者さまの負担も多いと思います。また治療が終了して終わりではなく、歯と同様にインプラントもお手入れが必要です。

治療が終わり咬める様になると、食事を摂りやすくなり、口元の見た目も美しくなります。長く良い状態を保てるように、メンテナンスをすることは歯科衛生士の重要な役割ではないでしょうか。

当院では院長が日本口腔インプラント学会認定の専門・指導医ですので、インプラント治療ご希望で来院される方が多くいらっしゃいます。皆さまに安心して治療を受けていただく為に、院長先生はもちろん、私達スタッフも日々励んでいます。柏井先生のお話を伺い、患者さんに寄り添う事とは具体的に何が必要か、歯科のプロフェッショナルとしてするべき事を学んで参りました。

夜は武道館で行われたジャネットジャクソンのライブへ行きました。
ステージ上の彼女はどの瞬間も美しく、パーフェクトに演じているその姿に
「あぁ、プロだなぁ。」と私は感動すると同時に、求められた時にその力をいつでも最大限発揮できる。
これこそがプロフェッショナル。
その為には日々精進を重ね、成長をする。地道な努力が一番大切なのでは、と感じました。

まだまだ寒い日が続きますが、皆様、どうぞご自愛くださいませ。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 兒嶋

ページトップへ