歯根破折=即 抜歯=インプラント ではありません

院長のコラム

歯根破折=即 抜歯=インプラント ではありません

先日、ダイヤモンド社の雑誌で歯の最新治療が取り上げられ、そのなかで歯根破折保存治療も紹介されました。
実際に記者がこの治療を受けた体験談も載っており、歯根破折保存治療も徐々に市民権を得つつあるようです。
この治療を受けられる歯科医院のひとつとして当院も掲載されているからか、歯根破折保存治療についてのお問い合わせが増えています。

以前のコラムでも書かせて頂きましたが、この治療についてのお問い合わせのうち、8~9割が、歯科医師から歯の破折を宣告され、これはもう抜歯してインプラントしかないと説明を受けられた方からのものです。なかにはその日のうちに抜歯しましょうと言われ、気が動転した患者さんは、慌てて逃げ帰ってきました、というケースも伺いました。

あまりに皆さんが口を揃えて「インプラントしかないと言われた」とおっしゃるので、試しにインターネットで破折について検索してみたところ、「歯の根が折れたらインプラント」というような謳い文句の歯科医院が複数あり、あぁ、なるほど、と思いました。

歯の根が折れたり、ヒビが入って歯茎が腫れた、噛むと痛い、こんなに辛いなら抜いてしまったほうが楽だ、と患者さんが訴えるなら、歯科医師はすぐに抜歯の処置に入るべきかもしれません。ただ、患者さんご自身にお困りの症状がないのに、「抜歯してインプラントしかありませんね」と歯科医師にインプラントに誘導されても、患者さんにとってはそれこそ晴天の霹靂で、すぐには抜歯には踏み切れないお気持ちは尤もだと思います。

先日いらした患者さんも抜歯を宣告されてから自宅に戻り、インターネットで検索の結果、歯根破折保存治療を見つけ、この治療を行う1軒目の歯科医院では歯科医師から治療不可能と診断され、2軒目の歯科医院では電話で状況を説明したところ、診察せずにそのまま断られ、3軒目で当院にお越しになり、やっと治療を受けられて無事、治療成功となり、抜歯を免れることができました。

このダイヤモンド社の雑誌には、歯根破折保存治療が受けられる歯科医院として、東京都内で5軒の歯科医院が掲載されています。基本的な治療法は同じだと思いますが、健康保険外の治療法ですので、それぞれの歯科医院で治療費の設定に差があったり、また歯科医師の考え方にも差は出てくるのでしょう。

歯根破折保存治療に関しては、いろいろな考えがあると思います。この治療をなさっていない圧倒的多数の歯科医師にとっては歯の根が折れた=抜歯という考え方が一般的ですし、その延長としてインプラントを勧めるのだと思います。確かに破折した歯をそのまま放置することは、将来的な治療に悪影響を及ぼす心配はありますのでお勧めはしませんが、歯根破折保存治療を行うことにより、抜歯せずに済む可能性があります。
診断の結果、この治療法が適用できず、残念ですが、状況として抜歯しか選択肢が無いというケースもありますが、全ての症例が抜歯の選択肢しかないというわけでもありません。

全ての歯根破折=即 抜歯=インプラント ではありませんのでご安心下さい。

ちなみに私はインプラント専門医の資格を持っていますが、インプラントご希望の方以外に、私からインプラントをお勧めすることもありませんので、こちらもご安心下さい。

歯根破折症例写真

ページトップへ