インプラントか歯根破折保存治療か

先日、前歯の差し歯が取れていらした当院の患者さんのお話です。この方は、数ヶ月前にも同じ箇所の差し歯が取れ、患者さんのご希望でそのまま装着したものの、また外れてお越しになりました。
取れてしまった歯の支えとなる歯根部をよくよく確認したところ、縦に割けており、そのため短期間で脱落してしまったものと思われます。歯根破折という診断になります。

従来なら残念ですが抜歯となるところです。前歯が無いままでは困りますので、抜けた歯を補う補綴(ほてつ)治療が必要となりますが、この患者さんの場合、問題となっている歯の隣に既にインプラントが入っているためブリッジ治療は適用できず、選択肢はインプラントとなります。

とは言え、インプラント治療には時間と費用がかかりますので、いきなりインプラントにするより、ご自身の歯を残せる可能性がある歯根破折保存治療という選択肢があることを患者さんにお話しました。ただ、歯根破折保存治療はまだ歴史も浅く、成功率も100%でないことをお伝えすると、患者さんは「だったら抜いてインプラントの方がいいんじゃないの?」と仰いました。

私は歯根破折保存治療がうまくいかなかった場合、それからでもインプラント治療は可能なことをお伝えし、患者さんも一旦は納得されたのですが、翌日、来院され、やはり初めから抜歯してインプラントにしたいということでした。この患者さんは既に当院でインプラント治療をお受け頂き、その長所・短所を良く理解しておられます。歯根破折保存治療については説明を聞いただけで、実際に治療を受けたことは無いため、それなら自ら経験し、具合のいいインプラントを選択しようとお考えになったのでしょう。

前置きが長くなりましたが、歯が折れた・割れた等の歯根破折の際、患者さんが治療の選択選択に迷われたら、以下、私からのアドバイスになります。

* 歯根破折保存治療
歯を残せる可能性があり、できるだけご自身の歯を残したいご希望がある場合は歯根破折保存治療をお勧めします。歯根破折保存治療の予後が良くない場合、それからでもインプラント治療を選択することは可能です。


a_b

* インプラント(もしくはブリッジ・義歯など)
ご自身の歯を残すことに特段固執せず、できるだけ確実な治療を希望される場合は、直ちに抜歯して、インプラント治療等を選択されても良いと思います。ただ、インプラントの場合、全ての方に適用できる治療法ではないことをご理解頂き、インプラントを前提に抜歯をする際は、その点をきちんと確認しておいた方が良いと思います。ブリッジ・義歯に関しては、一番奥の歯でなければ、通常は治療可能となります。

001

前述の患者さんの仰ったお言葉です。
「だってインプラントの方が丈夫で長持ちするでしょう?」
いやいや、ひょっとすると歯根破折保存治療でも10年単位で持つかもしれません。

結局は患者さんの価値観なのです。
私はただ、医学的に間違っていなければ、患者さんの価値観を尊重し、選択された治療法に対し、最高の結果を出せるよう治療を行うのみです。

ページトップへ