精密な歯の型採りのために 歯肉の二重圧排とは?

皆様、歯の修復物(被せものや詰めもの)の命は何だと思われますか?
見た目の美しさ(審美性)?きちんと噛めること?壊れないこと?外れないこと?もちろん全て重要ですし、これらの要素は患者さんご自身で容易に判断頂けるポイントです。

しかしながら、私たち歯科医師が最も重要視するのは、歯と修復物の境目の適合性(=修復物と歯との境目がいかに隙間無く、ぴったりと合っているか?)です。
なぜこれが重要かというと、この適合性が、二次カリエス(虫歯)を防ぐための鍵となるからです。

二次カリエスとは、一旦治療した歯と修復物の間にできる虫歯のことで、適合性に劣る修復物を装着した場合、歯と修復物との隙間から二次的な虫歯が生じやすくなります。また、前回のコラムでお話したように、神経を抜いた歯であれば、痛みも出ず、気が付いたときには虫歯がかなり進行し、最悪、抜歯になる可能性もあるのです。

では「いかに優れた適合性を追求するか?」なのですが、それは「できるだけ精密な歯の型採りをする」の一言に尽きます。

以前、当院サイトをご覧になっていらした患者さんのオールセラミックの修復物の型を採っていた際のことです。この患者さんは以前、歯科医院を設備の充実度で選んで苦い経験をされたそうで、それ以来、歯科医院選びに特に慎重になったそうなのですが、その患者さんがおっしゃるには、

「先生はちょっとコワイけど、信頼できますね。だって二重圧排をしてくれますものね。」

「ちょっとコワイけど」はさておき(笑)、患者さんの口から「二重圧排」という言葉が出たことに、私はのけぞって驚きました。

歯肉圧排(しにくあっぱり)とは、歯冠修復物(歯全体を覆う被せ物)の型採りの際、歯と歯肉の境を明確にするために歯周ポケットに特殊な糸を入れる処置のことです。地味な作業なのですが、ここが一番重要なポイントであり、歯科医師の熱意であり、こだわりであり、そして腕の見せ所です。

この圧排を行うことにより、修復物と歯茎の境目が明確になり、歯科医師は精密な型採りができ、よって歯科技工士は精密な修復物を作製することができます。

当院では太さの異なる2本の糸を使用し、この歯肉圧排を2回繰り返します。(=二重圧排)



(画像は3M歯科用製品サイトより引用)

この二重圧排には時間と手間を要するため、患者さんには治療時間が長くてご迷惑をお掛けすることもあろうかと思います。ですが、この作業により精密な型採りができ、結果として長期間使える修復物が出来上がるので、「吉田は何をやっているのだろう?そろそろ口が疲れたな」と思っても、どうかご容赦頂きたいと思います。
圧排という言葉は知っていても、実際には見たことがないという歯科医療従事者もいる中で、インターネットの普及により、患者さんがこのような細かい作業までご理解くださり、歯科治療に強い関心を持って下さることに、驚きとともに喜びも湧いてきました。

歯科医師、特に補綴の専門医はこだわりのある職人のようなものだと思います。
患者さんご自身にはわからなくとも、自分自身で納得のいく仕事をしたいと常日頃思っているのですが、このような地味で細かい努力を評価して下さる患者さんが存在することに感謝し、これからも、これまでどおり、地道な努力を続けて参ります。

ページトップへ