高齢者にも優しいインプラントシステム 

前回のコラムでは、インプラントが入っていても、上部構造が取り外せるタイプのインプラントシステムであれば、状況に応じて段階的な対応が可能であるため、天然歯と比較してもケアが難しい
ことは無いというお話をさせて頂きました。

当院が採用しているブローネマルクシステムは、世界標準のインプラントシステムであり、私が30年以上前に初めて学んだインプラントシステムです。このシステムは臨床応用開始時点から永く機能することが分かっており、患者さんが高齢になられたときの対処も、その時点で既に考えられていました。

当時、ほとんどのインプラントシステムが「如何に成功率を上げられるか?」という目標に向かって躍起になっていたとき、ブローネマルクシステムは既に先を見通しており、術者可撤(かてつ)機構(=歯科医師が上部構造を容易に取り外せる構造)を取り入れていたのです。

その後、インプラントの普及に伴い、世の中に多くのインプラントシステムが出現しました。
それらのシステムが主に注力したこととは、「如何に早く、安く、綺麗にインプラント治療を行えるか?」ということで、インプラント上部構造装着後に想定されうるトラブルに対する対応や、高齢化によるメンテナンス能力の低下等に対する配慮は残念ながら後回しとなっていました。

後から振り返ってみると、そのような先を見越し、想定されうる事態にも充分配慮されたブローネマルクシステムを最初に習得できた私は歯科医師としては幸運でした。そしてその結果として当院の開業以前から30年のお付き合いのある患者さん方のインプラントが問題無く機能していることは、非常に有難いことだと思っております。

私がブローネマルクシステムに携わり始めた頃のインプラント上部構造は、下の写真に示しますように、天然歯の形態と全く異なる高床式のものでした。これは審美性には劣るものの、炎症の発生が少なく、メンテナンスの容易さも抜群でした。その後、審美性が重要視されるようになり、現在は天然歯の形態を模倣した上部構造が一般的になっています。

少し専門的になってしまいましたが、結論として、上部構造を取り外せるタイプのインプラントを入れられている方であれば、メンテナンスには今後も大きな問題はないと私は考えます。

ブローネマルクシステムや、同様のコンセプトを取り入れている上部構造が取り外せるタイプのインプラントシステムであれば、高齢者にも優しいインプラントであると私は考えますが、如何でしょうか。

ページトップへ