危険な「ブラキシズム」をご存じですか?

危険な「ブラキシズム」をご存じですか?

ここ数年、歯の根が折れた・割れたという主訴で、歯根破折保存治療噛み合わせ(咬合)治療を希望される患者さんが増加傾向にあります。
今回はそれらと深い関わりを持つ、ブラキシズムについてのコラムです。

「ブラキシズム」とはなじみのない言葉だと思いますが、「歯ぎしり」でしたらご存知でしょう。
この歯ぎしり・噛みしめ・食いしばりを総称して「ブラキシズム」といいます。
そして、このブラキシズムは、皆さんの想像以上に歯には大きなダメージを与えてしまいます。

一般的に人が歯を失う原因は、外傷を除けば細菌感染と噛み合わせの力の問題によるものです。
1位の虫歯や歯周病は、主たる原因が細菌感染で、2位の歯牙・歯根の破折は、噛む力の問題によります。

もちろんブラキシズムが無くても歯が割れる可能性があります、ただ、ブラキシズムのある方の場合、歯牙・歯根の破折の可能性は非常に高くなります。また、ブラキシズムによる悪影響は歯牙・歯根破折のみならず、顎関節症、歯の摩耗、知覚過敏など、様々な症状を引き起こします。また歯周病にブラキシズムが加わると、急激に歯周病が進むともいう報告もあります。

ただ、やっかいなことに、ブラキシズムはなかなかご自身では認識しづらいものです。
就寝中の歯ぎしりは音が出ますのでご家族に指摘されて発見される場合もあるのですが、噛みしめは音が出ないので、他覚的には分かりにくいものです。私たち歯科医師や歯科衛生士がお口の中を拝見し、すり減った歯の状況から判明することが殆どです。

このブラキシズムの原因なのですが、残念ながらまだはっきりとは解明されておりません。
全身的な因子としては先天的なもの、ストレスなどがあげられます。また、局所的因子(口腔内の問題)としては噛み合わせの問題が挙げられています。

原因が明確でないため、治療法にも明確な指針がないのですが、全身的な因子によるものは、歯科医院では治療困難であり、対症療法としてナイトガードの使用があげられます。

ナイトガードとは、夜間、就寝中にマウスピースを装着して頂き、歯ぎしりや噛みしめがあっても、マウスピースがクッションとなり、個々の歯へのダメージを軽減しようというものです。
当院では3種類の素材のナイトガードを扱っております。薄い素材のほうが違和感は少ないのですが、その分、耐久性に劣ります。厚ければ耐久性には優れますが、その分、装着時の異物感が強くなります。

ブラキシズム

また、ブラキシズムが原因での歯根破折を起こした場合、せっかく治療が成功しても、ブラキシズムにより再度その歯、もしくは他の歯の破折を起こす可能性があります。そのような場合、予防処置としてナイトガードの装着をお勧めしています。噛み合わせの問題については歯科界でも統一見解がないのですが、当院では咬合調整を推奨しています。

虫歯が減りつつある現在、次に注目される口腔の問題がこの「ブラキシズム」なのです。
ただこのストレス社会ですから、なかなか根絶は難しいかもしれませんね。
頬杖をつかない、電話を首に挟んで話さないなど、ちょっとした習慣を改めることで、ブラキシズムを起こさずに済むかもしれません。当院では、このブラキシズムについてわかりやすく説明した書籍を待合室に置いております。是非一度ご覧いただき、ご自身にブラキシズムが無いか、セルフチェックをなさってみてはいかがでしょうか。

ページトップへ