医療費控除について

医療費控除について

医療費控除とその対象

ご自身や、生計を一にするご家族のために医療費を支払った場合には、一定額の所得控除を受けることができます。歯科治療も、保険治療はもちろんのこと、インプラントなどの自費治療も含まれます。

医療費控除の対象となるのは、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費ですが、過去5年間は、さかのぼって申告することが可能です。
また、還付額は、同じ治療費でも、所得の高い人ほど大きくなりますので、共稼ぎ夫婦の場合などは、所得の高い人の確定申告で、まとめて控除するのが有利になります。

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額―の金額)-の金額

:保険金などで補てんされる金額
(生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費等など)

:10万円もしくは、その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

詳細については受付に資料がございますので、お気軽におたずねください。

ページトップへ