オーラルフレイルの予防について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
2015年6月に日本歯科医師会より、オーラルフレイルの予防というスローガンが発信されました。
まだまだご存知でない方も多いと思いますので、今回のコラムで紹介させていただきます。

オーラル=お口の中
フレイル=虚弱
簡単に言うと、オーラルフレイルとは、口の働きの衰えで、身体の衰え(フレイル)の一つと考えられます。

1989年に始まった8020運動は皆さんご存知かと思います。
この8020運動の、ご自身の歯の数を維持する事に加えて、口の働きの衰えを軽視しない事が大切だという考え、つまりオーラルフレイルを予防する。
これにより、快適な食事や、口元の容姿への自信、楽しい会話ができ、
健康寿命を延ばす事へ繋がります。

具体的な症状は、食べこぼし、噛めない食品が増える、むせる、うまく飲み込めない、口の中が乾燥する等、些細な事から始まります。

食べにくい物が増えると食欲や食事量の低下が起き、口を動かす機会が減ると口元がスムーズに動きにくくなりますので、会話や外出が億劫になりますよね。症状が進むと、閉じこもり、うつや認知機能の低下等につながります。

しかし、オーラルフレイルは早めに気付き適切な対応をとる事で健康な状態に戻る事ができます。
逆に放置してしまうと老化も加わり、身体の衰え(フレイル)が進んでいきます。

適切な対応とは、虫歯や歯周病に罹った際や、歯を失った際に、治療を受ける事や、定期検診にてかかりつけの歯科医師のチェックを受ける事です。

オーラルフレイルは先程書いたように、些細な症状のため、ご自身で気が付きにくいのが特徴です。
最近お口の中が乾燥する、話がしにくい、食事が摂りにくい等、お気付きの点がありましたら、
お気軽にご相談下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

参考文献 デンタルハイジーン vo.38、39
日本歯科医師会HP オーラルフレイル

ページトップへ