痛みの正体は知覚過敏かも?

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
梅雨入りし、蒸し暑い日が続いていますね、
こんな季節には冷たいお飲み物が美味しく感じますよね。皆様も召し上がる機会が増えたと思います。

その際、歯がキーンとお痛みになる事がありませんか?
虫歯では?と、心配される方も多くいらっしゃるこの症状、実際に拝見すると象牙質知覚過敏である事が多いです。
知覚過敏は、歯の表面エナメル質が摩耗したりして、その下の象牙質が露出すると起こります。
象牙質には象牙細管という細かい管があり、温度や擦過刺激がその管を通して、歯の神経に伝わると痛みを感じます。

象牙質が露出する大きな原因は
1. 間違ったブラッシング
毛先の処理が悪い歯ブラシや毛が硬い歯ブラシでゴシゴシ磨くと歯肉が下がり、歯の表面も摩耗します。
2. 歯周病
歯周病にかかると歯を支えている骨が失われて歯肉が下がり、歯の根が露出します。
この部分はエナメル質に覆われておらず、象牙質が露出してきます。
3. ブラキシズム
歯ぎしり、食いしばり、TCHなどのブラキシズムがあると歯に過度の力がかかり、歯の根元のエナメル質が剥離してしまいます。

知覚過敏のある方にお勧めしているのが、まずはテペの歯ブラシです、
この歯ブラシは毛先が一本一本ラウンド加工されており、歯と歯肉に優しく、使用感もとても良いです。使い始めると、「もう他の歯ブラシは使えない!」と仰るファンの方も多い、品質の良い歯ブラシです。

次にお勧めしているのが、知覚過敏抑制効果のある歯磨き粉です。
こちらには硝酸カリウムという成分が入っていて、象牙細管に留まり、刺激が伝わらない様にしてくれます。

また、定期検診の際にお勧めしていますPMTCではフッ素塗布を行なっています。
フッ素には虫歯予防だけでなく、知覚過敏の症状を緩和する効果も期待できます。
しみる歯が特定できる場合には、表面にコーティング処置を行う事があります。
こちらは1本から施術でき、定期検診の際に、クリーニングと同時に行う事も可能です。気軽にお申し付け下さいね。

当院では他にも、歯質の欠損が大きい場合に樹脂を充填する治療や、かみ合わせが悪い方には咬合治療、マウスピース作製等の治療を行なっております。
知覚過敏でお困りの方はご相談下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 兒嶋

ページトップへ