歯周病検査について

歯周病の進行程度を知るために、必ず行うのが『歯周ポケット検査』です。 ちょっとチクチクする感じが苦手な方もいらっしゃるのですが、歯周病の進行状態を知るためには不可欠な検査ですので、当院の定期検診時には皆様にお受けいただいております。また、前回の定期検診時のデータと比較し、歯周病の進行が認められれば、状況に応じて歯周病治療に入る場合もあります。

測定方法は、プローブという先端の細い器具を各歯の歯周ポケットの6カ所に入れて計測します。同時に検査時の出血の有無、膿の有無、歯が動いているかなども合わせてみていきます。また、全体的にはポケットが浅いのに、局所的に深い場合、歯の根が割れているなど、歯周病以外の問題が見つかることもあります。

歯周病検査の重要性については、院長先生もコラムに書いていらっしゃいますので、宜しければご覧になってみて下さい。

歯の表面の着色が気になって、定期的にクリーニングにお越しになる方もいらっしゃるのですが、歯の表面の汚れだけを落としても、もちろん見た目は綺麗になりますが、歯周病が進行すれば、その歯がなくなってしまうかかもしれません。

できれば6ヶ月に1度、(百歩譲って1年に1度は必ず!)歯周病検査を含めたトータルな検診をお勧めします。

吉田デンタルクリニック

 歯科衛生士 塩附

ページトップへ