プラークコントロールとは?

プラークコントロールとは、歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らすことであり、私たち歯科衛生士の腕も見せ所です。

プラークコントロールはブラッシングだけではなく、フロスや歯間ブラシの使用や歯科医院での歯のクリーニングなど歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らす行為全般を指します。

プラーク中の細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因となるため、プラークコントロールをしっかりと行って細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病を予防・改善させることができます。

プラークが形成されはじめてから「酸」や「毒素」を産生するようになるまでは24~48時間程かかるため、1日1回しっかりとプラークコントロールを行なえば虫歯、歯周病を予防することが出来ます。

適切なケアを行い、虫歯、歯周病を一緒に予防していきましょう!

吉田デンタルクリニック

歯科衛生士 塩附

 

ページトップへ