再度、歯の染め出しをするメリットとは?

前回は、プラーク(歯垢)を赤く染める”染めだし”とは何の為にするのかについてお話させて頂きました。ご自身のリスクが高い部位、苦手ポイントを知り、より的確なプラークコントロールの方法を知ることが大切、ということでした。

さて今回は、”1度やったから私はいいわ!”という方に、再度、染め出しを行うメリット、つまり前回赤く染まった所と今回の結果との比較ができることについてお話させていただきます。

 よく磨けるようになったかどうかのチェックでしょ?

はい。それもあります。勿論、前回よりもプラーク量が減っていることも大切です。でも、よく観察してみて下さい。前回と同様、染まっている所があるはず…。実は、この場所が非常に大切なのです。

毎回全く同じようにブラッシングをすることなんて難しいですよね、染め出しの前の歯磨きの際、たまたまブラシの当たり具合が悪くて赤く染まってしまった所だってあります。ですので、”前回と同じく染まった所=毎回プラークが残りがちな所”となるわけなのです。

当院では、前回と今回の染まった部分を比較出来るよう、隣り合わせにプリントしてお渡ししています。苦手なポイントを克服し、より効率的に虫歯や歯周病を予防していきましょう。私達、歯科衛生士がお手伝いします。

吉田デンタルクリニック

歯科衛生士 島田

 

 

ページトップへ