「歯肉は元気!おもしろい!」

こんにちは。歯科衛生士の島田です。先週末、「歯肉は元気!おもしろい!」~ブラッシング指導から歯周治療まで~」という歯科衛生士向けの講習会に参加してきました。

今回はその中から歯肉、いわゆる歯茎についてお伝えしたいことがあります。

ブラッシングの時に、皆さんは歯茎のことを見ているでしょうか。”歯を磨く”というと、歯ばかりに意識が向いてしまいがちですが、歯肉の色や形の変化で現在の歯肉の状況の目安を把握することも出来ますのでよく見てみて下さい。

健康な歯茎は、つやのあるきれいなピンク色で引き締まっています。黒ずんだり赤くなったりなど歯茎の色が変わる、あるいは腫れてきたりすると、歯肉炎や歯周病などの病気が疑われます。さらに、ブラッシングの力加減が強かったり、普段きちんと磨いていなかったり、歯ブラシの当て方が間違っていたり…といったこともちゃんと歯茎にあらわれてきます。

他にも歯茎が教えてくれることは沢山あり、1ヶ所1ヶ所、細部に渡りしっかり見ていかなければと私も改めて思いました。そして講習会では、病理学の先生から歯茎の役割についても詳しく説明して頂きました。少し難しいお話になりますが、とてもおもしろい内容でしたので、この点についてはまた次回お伝えしたいと思います。

吉田デンタルクリニック

歯科衛生士 島田

ページトップへ