知覚過敏について

お水の冷たい時期になりました。
定期検診の際、「ブラッシングの後、しみるのが怖くて、ぬるま湯でゆすいでいます。」という声を良くお聞きします。この時期、歯がしみる・痛いなどの理由で来院される方に多くみられるのが知覚過敏です。

知覚過敏とは、冷たい水がしみる、ブラシの毛先が当たると痛い、風に当たると歯がしみるなどの症状で、持続性の痛みではありません。このあたりが虫歯や歯周病などの痛みとは違うところです。
ではなぜ知覚過敏が起こるかというと、歯の表面のエナメル質が何等かの原因ではがれ、エナメル質の下の象牙質が露出し、それが痛みを感じることで起こります。

この知覚過敏の原因は噛み合わせの問題や、歯周病で歯茎が下がり、歯の根の部分が露出してしまった場合、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨きすぎてエナメル質が削れてしまう、ホワイトニングの薬剤の刺激による一時的な知覚過敏、また稀にですが、レモンをかじって強い酸でエナメル質が溶けてしまったりなど、さまざまな原因があります。

知覚過敏を緩和する方法はいくつかありますが、ご自身で行うことができ、かつ手間なく手軽に行える方法が「知覚過敏用の歯磨き粉を使う」というものです。
毎日のブラッシングで使用されている歯磨き粉をこちらに置き換えれば良いだけなので、とても簡単です。いつも通りに磨いているだけで、せっせと有効成分を歯に塗り込んでいることになるというわけです。

一般的な知覚過敏用の歯磨き粉では、痛みを抑える成分で即効性のある硝酸カリウムが配合されています。当院で扱っている歯科医院専売の歯磨き粉は上述に加えて露出した象牙細管(神経に刺激を伝える管)を封鎖し、痛みの伝達経路を持続的に封鎖する乳酸アルミニウムが配合されています。
個人差はあると思いますが、一般的な歯磨き粉では症状が変わらなかった方が、「これを使ってみて、しみる症状が緩和されました!」というケースもありました。

ただ、せっかく知覚過敏用の歯磨き粉を使っても、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨いていては歯がすり減ってしまいます。ですので当院では、柔らかく毛質の良い歯ブラシとの併用をお勧めしています。

できれば知覚過敏にならずに済むように、ブラッシング方法についてもお話させて頂きますので、ご興味のある方は、私達歯科衛生士までお気軽にお声掛け下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 島田

dreamstime_xs_14672177

ページトップへ