健康寿命のために歯を大切に!

先日定期検診にいらした患者さんが「自分の歯って何本残ってるのかしら?」
とおっしゃいました。その方は70代後半でいらっしゃいますが、きちんと定期的にメンテナンスに来ていただいていますし、ほぼご自身の歯が残っています。

ところで、皆さんは8020運動をご存知でしょうか?
平成元年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している、「80歳になっても20本以上の自分の歯を保とう」という運動です。
20本以上の歯があれば食生活にほぼ満足すると言われています。
そのため、「生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。(日本歯科医師会HPより引用)

すでにご自身の歯を失ってしまった方もインプラントなど口腔機能を回復できるのとそうでないのとでは健康寿命も変わってくるそうです。
そのためにも何かが起きてからではなく予防することの大切さ、定期検診の重要度を皆さんにお伝えしていくことの重要さを改めて感じました。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 渡辺
IMG_2600

ページトップへ