患者さんの目線で歯科医院を眺めてみる

こんにちは、歯科衛生士の渡辺です。
先日、テレビ朝日の林修先生の今でしょ!講座で歯科について知りたい事という題材で番組が放送されました。
ご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私は番組に気が付かず、後日、院長先生が録画したものを昼休みに皆で見ました。

最近テレビや新聞等々様々なメデイアで、歯科についてとりあげられる事が増えたように感じます。
それだけ歯についての関心を集めているという事ですよね。(私もプロとして、もっとアンテナを張らなければいけませんね!)

番組自体もとてもわかりやすかったのですが、私は違う目線で気づかされる事がいくつかありました。
それは林先生や、番組のゲストの方、つまり患者さんの歯科に対する疑問点です。

 治療に入る前に針のようなものでチクチク歯肉を刺すのは何の為ですか?
 歯を削る時にお水が出てくるのは何の為ですか
などなど・・

なるほど、歯科の専門教育を受けている身にとっては、当たり前のように思ってしまっている事が、実は患者さんにとっては疑問なのだな、と。思えば当たり前のことですね。
定期的に歯科衛生士コラムを書かせていただいていますが、予防や治療の基本的なことについてお話しした事がなかったように思いますので、何回かに分けてコラムを掲載していこう、と考えております。

また印象に残ったのが番組の最後に良い歯医者の見分け方は?との質問に、ニュアンスは多少違うかも知れませんが、「清潔な歯科医院」とのワードが出てきました。
院内のゴミ一つ取れないところが口腔内の汚れを取りきれるわけがない、と。
とても納得したとともにどこか当たり前になっていた診療前の清掃も気を引き締めなおし行っています。

全ての事において意味を考え直すとまた違った事に気づくのかも知れませんね。
日々学ぶ姿勢を忘れずにいなければな、と思いました。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 渡辺

image2

ページトップへ