歯石を取っても歯は削れませんヨ

こんにちは。歯科衛生士の青山です。
先日、定期検診に来院された患者さんとお話している際、次のような質問を受けました。

「私のお友達で、私が歯の検診に行くって言ったら、「歯石を取ると歯が削れちゃうから、私は歯のクリーニングはしない」という人がいるのよ。え~?でも歯は削れないわよね?」

さすが、当院に長く通っていらっしゃる患者さんの理解は正しいです。そして残念ながら、お友達のご理解はちょっと間違っています。

確かに歯石除去には見た目は歯を削るような器具を使うので、「頻繁に行なうと歯が削れるのでは?」と心配される方もいらっしゃるのですが、器具の先端が超音波で振動することで、固く石灰化している歯石だけを壊してバラバラにします。
歯に直接当てていても歯が削れることはありませんので、どうぞご安心下さい。

注意したいのは、歯石が少しずつ、長期間かかって、大量に歯の周囲を取り囲むように付着した場合です。その取り囲んだ歯石のため、感覚的に歯石を含めた全てが自分の歯だと感じてしまっているのです。
そのために、一気に歯石だけをキレイに取り除くと、急に歯が小さくなったように感じたり、歯と歯の間の歯石がなくなり、隙間が空いてしまったように見えるのでこれが「歯石を取ったら、歯を削られた!」という勘違いに繋がることがあるようです。

いつも定期検診の患者さんのクリーニングを行いながら感じるのですが、頻繁にお越し頂いている方の場合、歯石の量も少ないので、お痛みもなく、歯の表面を磨くPMTCに時間をかけられるので心地良いと感じてくださり、“歯のクリーニング=気持ちが良い”というイメージが定着し、定期的な受診につながります。

逆に数年に一度のクリーニングですと個人差もありますが、歯石は厚く固く歯の根元にこびりつき、なかには歯茎の中まで固い歯石が入り込み、それを器具で取り除くためにはお痛みが伴う場合もあります。そうすると“歯のクリーニング=痛い”というイメージが定着し、ますます歯科医院から足が遠のくという悪循環に陥ってしまうように感じます。

この悪循環を取り除くには、まず歯石を作らないことが大切です。
歯石の前段階であるプラーク(歯垢)はご自身の毎日の歯磨きで除去することができますし、プラークは細菌の固まりですから、放置すれば歯石となり、歯周病の原因になることはもちろんですし、口臭の原因にもつながります。

正しい歯磨き、そして定期的にクリーニングを受け、歯石が多量に付着する前にこまめに除去することをお勧めします。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 青山

青山コラム画像

ページトップへ