歯の衛生週間

こんにちは、歯科衛生士の渡辺です。
清々しい5月ももうすぐ終わり、苦手な梅雨の時期がやってきますが、6月といえば毎年6月4日から10日までの1週間が歯の衛生週間ということを皆さんご存知でしょうか?

毎年この時期になると歯に関する様々な調査が行われています。
10代から60代の全国男女に対し、歯磨きの頻度を尋ねたところ、76%が1日に2回以上歯磨きをしているという結果だったそうです。
また、1回の歯磨きの時間の平均に関しては、44%が「1~3分」と回答したそうです。
これを聞いて皆さん短いと感じますか?それとも長いと感じますか?

実際正しいブラッシングができていればプラーク(歯垢)は3分で除去できると言われています。しかし以前のブログでもお話ししましたが歯ブラシだけではお口の中の汚れはおよそ6割程度しか除去できないと言われています。フロス等の補助的な清掃用具を使うと「1~3分」で全て磨くのには時間が短すぎるかな、と感じます。もちろん、毎食後5分、10分と時間をかけて磨くことは現実的に難しいと思います。1日に1回、しっかりと時間をかけて磨けば大丈夫ですから、今まで1.2分で歯磨きを終わらせていた方は1日1回少し歯磨きの時間を長めにとってみるといいと思います。

しかし、あくまでも適切なブラッシングができていなければいくら時間をかけて磨いても無駄になってしまいますから、疑問なことがありましたら、私達歯科衛生士にお尋ねくださいね。
またせっかくの歯の衛生週間ですので、定期検診やクリーニングにもお越しください。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 渡辺

歯の衛生週間

ページトップへ