歯ぐきの黒ずみについて

こんにちは 歯科衛生士の青山です。
先日、定期検診で来院された患者さんから、
「歯ぐきの黒ずみはどうして起こるの?」
とのご質問を受けました。
その原因は幾つか考えられます。

* メラニン色素沈着
1 喫煙によるもの
タバコから放出される一酸化炭素により、歯茎の組織が酸素不足になります。また、ニコチンによって血管が収縮して血行が悪くなります。喫煙はビタミンCを破壊し、メラニン色素生成を抑制する働きが弱くなるため、メラニン色素が沈着しやすくなります。

2 紫外線によるもの
日焼けで肌が黒くなるのと同じように、歯ぐきも強い紫外線に長時間さらされると黒ずみます。

* 被せ物や土台の金属片の混入
歯ぐきと歯の境目や歯ぐきのごく一部だけ黒ずんでいる場合は、金属の被せものや差し歯の土台(コア)が原因と思われます。コアの金属イオンが溶け出しているだけの軽度の場合は、被せものを非金属(レジンやセラミック)に替えることで改善することもあります。
ただ、治療時に削った金属の粉や破片が歯茎に入り込んでいる場合、歯ぐきを切って、原因となる物質を除去する必要があります。

DSC_0125.JPG

* 歯周病
 歯周炎で歯茎の内部でうっ血、炎症による腫れが起こることにより歯ぐきの色が暗くなります。

* 口呼吸
就寝時に口呼吸をしていると、前歯の歯ぐきが常に乾燥し、炎症を起こしやすい状態になって赤く腫れます。

上述したように、一口に歯ぐきの黒ずみと言っても原因はいくつかあり、それぞれに適切な対処法が変わってきます。
ご自身で判断するのはなかなか難しいかと思われますので、気になる方は、検診時にご相談下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

ページトップへ