歯間ブラシとフロスってどこが違うの?

歯科衛生士の島村です。

先日ドラッグストアに立ち寄った際のお話です。
職業柄どうしても歯磨き粉や歯ブラシが置いてある口腔ケアコーナーが気になり、必ず毎回チェックします。どんな新製品があるのか、もし患者さんからのご質問があってもお答えができるようにと心がけています。

今回もワクワクしながら口腔ケアコーナーに行くと、若いお母さんとお子さんが買い物をしていて、「歯間ブラシとフロスって何が違うの?」とお子さんがお母さんに尋ねていました。

お母さんは、う~んと困った様子で、「歯と歯の間を掃除するものじゃない?」
ときちんとした回答になっておらず、苦しいお答えでした・・・・

歯科医療従事者であれば、歯間ブラシやフロスの違いという疑問は絶対に湧いてこないのですが、なーるほど、普通の方ってこのような素朴な疑問を持つんだな~、と目からウロコで新鮮な驚きでした。

ここでお子さんの疑問についての回答ですが、両方とも歯ブラシでは届かない隙間のお掃除に使用するものです。
デンタルフロスはその名の通り糸状のもので、隣り合った歯の隙間を歯に沿わせ、歯周ポケットの中までかきとってお掃除ができます。

そして歯間ブラシは、ワイヤーにブラシが巻きつけてあるものです。歯の根元に近い部分、歯と歯肉の間に挿入したブラシを前後に動かし、汚れをからめ取って取り除きます。

ご自身がどの部分を掃除したいか?によって使い分ける、できれば両方使用するのがベストです。
両方使わないとどうしても掃除しきれない部分がでてきてしまうからです。

当院ではフロスはルシェロ、歯間ブラシはスゥエーデンのテぺ社の製品をおすすめしています。
何故数あるフロスや歯間ブラシのなかからこれらの製品をおすすめしているかは、以前のフロス歯間ブラシのコラムをご覧いただければと思います。
特に歯間ブラシは人それぞれ歯の隙間の大きさが違うので、サイズを選ぶ必要があります。
サイズの選択は歯科衛生士が行いますので、いつでも声をかけてくださいね。

今回、私が口腔ケアコーナーに立ち寄ることで、お母さんとお子さんが歯ブラシやフロス、歯間ブラシに関心を持って頂いているところに遭遇し、歯科衛生士として凄く嬉しく思いました。

皆さんお忙しくて、なかなかご自身の口の中をじっくりと見る機会がないかもしれませんが、時々見てみると色々発見があると思います。
なにか気になることがあれば定期検診や治療の際に私達、歯科衛生士にお声かけください。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 島村

2016092619360000

ページトップへ