歯磨き・歯ブラシ元年

歯科衛生士の青山です
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

今日は今年最初の土曜診療日ですが、本日、歯周病治療を終えられた患者さんのお話です。

この方は以前、オフィスが京橋にあり、ずっと定期検診で当院に通院されていたのですが、オフィスの移転で定期的な通院が難しくなり、検診の間隔が空いてしまったことで、歯周病が悪化してしまいました。それで昨年から数回に分け、土曜日に歯周病治療にお越し頂き、歯周病治療は本日で終了となり、次回は検診でお越頂くことになりました。

歯周病治療は地味な治療で、私達歯科衛生士が器具を使って歯周ポケットの深い部分を1本1本丁寧にお掃除します。歯周病治療が終了し、綺麗になっても、患者さんご自身が毎日の歯ブラシを怠っているとまた汚れが溜まり、歯周病治療を繰り返すことになってしまいます。

虫歯でしたら悪い部分を削って詰めて治療終了となるのですが、歯周病は生活習慣病ですので、治療に明確な終わりというものがありません。

この患者さんにも「今日のこの時点では歯周ポケット内は綺麗にお掃除しましたが、毎日の歯磨きを頑張っていただかないと、また逆戻りしてしまいますヨ」とお伝えしたところ、
「では今年は私の歯磨き・歯ブラシ元年ということで、歯ブラシ買って行きます」とおっしゃって歯の隙間によく届く、テぺのスプリームを購入されました。

この患者さんに限らず、ご自身の日々のブラッシングと私達歯科衛生士の定期的なクリーニングで、歯周病をコントロールし、患者さんの口腔内をできるだけ良い状態に保っていけるよう、患者さんと二人三脚で今年も頑張ります。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

image1

ページトップへ