歯磨きは実はインフルエンザ予防にも効果的です。

歯科衛生士の青山です。
2月に入り、厳しい寒さが続いています、この時期、インフルエンザも大流行で、子供達が通っている学校でも学級閉鎖が起きています。

インフルエンザの予防としては、まず、「手洗い」と「うがい」が一般的ですが、実は「歯磨き」もインフルエンザ予防には効果的なのです!

インフルエンザはご存じのように、ウィルス感染によって起こります。
口腔内には、もともとタンパク質の膜のようなものがあって、ウィルスが侵入しても簡単にくっつかないような構造になっています。
なのですが、この膜はプラーク(歯垢)などから発生する酵素によって破壊されやすいため、しっかり歯磨きをしてお口の中を清潔にしておくことによって、ウィルスが入ってきても。菌が繁殖しにくい環境を保つことができます。
歯磨きを正しく行う事で、インフルエンザ発症率を10分の1に抑える事ができると言われています。

ご自身の歯磨き方法にご不安のある方、私達歯科衛生士が皆さんの口腔内に合った、正しい歯磨きのやり方をアドバイスさせて頂きますので、是非、ご相談下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

ページトップへ