歯磨きしないとどうなるの?

歯科衛生士の青山です。
今回は歯磨きをしないとどうなるの?という素朴な疑問についてのお話です。

歯磨きしないとどうなるか?
皆さんも容易に想像頂けると思うのですが、まず口臭が発生します。
その臭いの原因は、口腔内のプラーク(歯垢)なのですが、このプラークを放置すると、虫歯や歯周病の発症につながります。
簡単に言うと、“歯磨きをしない=虫歯や歯周病になる”ということです。

歯磨きの目的は、諸悪の根源であるプラークを取り除く事です。プラークというと、食べかすの塊と思っていらっしゃる方も多いのですが、口の中で繁殖した細菌がネバネバした物質と一緒になった細菌の塊です。1グラムの中に1億個以上の細菌がいると言われています。

歯磨きをしないまま蓄積されたプラークは、唾液中のカルシウムと反応し、石灰化されて硬い歯石に変わっていき、これが歯周病の原因となります。歯周病が進行すると、歯ぐきが腫れて、膿が出るようになり、支えている骨も溶かしてしまい、やがて歯が抜け落ちるようになります。

また、体の抵抗力が落ちたときなど、プラーク中の歯周病菌が血液を通じて身体の中に流れて、心臓病、 糖尿病、嚥下性肺炎などのリスクが高まります。
また、プラークが付着している時間が長くなれば長くなるほど歯のカルシウムが奪われて表面が侵され、ついには穴があいて虫歯の進行が進んでいきます。

いろいろと恐ろしいことを書いてしまいましたが、ご心配には及びません。なぜなら、歯石の前段階のプラークの状態であれば、ご自身の歯磨きで取り除く事ができるからです!

以前の歯科衛生士便りでもお話しましたが、歯ブラシだけで落とせるプラークは約60%、これにデンタルフロスや歯間ブラシを併用することで約80%にアップ、そして残りの20%のプラーク除去は、私達、歯科衛生士の出番となります。

もし皆様が将来、虫歯や歯周病で辛い思いをしたくなければ、まずはご自身で毎日の歯磨き習慣を身に着け、歯、ひいては身体全体の健康を守っていきましょう。
磨いたつもりでも残念ながら磨けていないということにならないように、歯ブラシの選び方や、正しいブラッシング方法については私達がお手伝いさせて頂きます。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

ページトップへ