唾液の働きとは?

今回は唾液の働きについてのお話です。
普段皆さんは唾液についてどのくらい意識したことがありますか?
おそらく唾液が出るということがあまりに普通のことで、意識することは少ないことと思います。

唾液は正常な状態では1日に1~1.5リットル程分泌されます。
ではこの唾液、どのような働きをしているのでしょうか?
じつはいろいろな役割があることが分かっています。

消化作用や洗浄作用については、消化を助けたり、歯の表面などについた食べカスを洗い流すなど比較的わかりやすいと思います。そのほかにも次のような働きがあります。

① 抗菌作用
お口を通して外から入ってくる多くの細菌に対して細菌が体の中に入り込まないように生体を守る働き、またお口の中の細菌がバランスよく保てるように管理もしています。

② 緩衝(かんしょう)作用
虫歯菌が歯の表面に生息し、そこの付着物を取り込んで代謝すると乳酸を排出します。乳酸は酸性です。この作用で歯が溶け虫歯になります。この乳酸により酸性に傾いたお口のpHを中性に戻す作用が緩衝作用です。緩衝作用が強ければ虫歯に強い環境を作り出してくれます。

③ 再石灰化作用
虫歯は自然に治ることはありませんが、虫歯に至る一歩手前の状態があります。その時唾液の中のカルシウムやリン酸といった成分が元の状態に戻そうとしてくれる作用があります。これが再石灰化作用です。

④ 保護作用
お口の中は、軟組織といわれる舌や頬、唇といった軟らかい部分と歯という硬組織いわれる硬い部分が共存しています。話をする、食べるといった動きの時、それらを滑らかにする潤滑作用があり、擦れて傷がつくことを防いでくれています。

⑤ 味覚
舌には味蕾(みらい)という味を感じる細胞がありますが、唾液で食べ物が分解され、それが味蕾細胞に多くの成分が浸透して味を感じることができます。

皆さん、どうでしょうか?唾液にはこのようにたくさんの働きがあります。
このようなことから唾液が減ると、むし歯が増加したり、歯周病が悪化したりすることが想像できますね。唾液は健康を守るためにとても重要な働きを担ってくれているのです。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 小野

Healthier homemade grilled burger with carrots and plenty vegetables

ページトップへ