歯周病はなぜ痛まないの?

歯科衛生士の青山です。
定期検診の際、当院では最初に歯周ポケット検査を行なっております。少しチクチクしますが、歯周病の進行具合を知るための大切な検査です。

1年ほど前に他院から転院された患者さんなのですが、検査のデータが悪化しており、数か月毎のクリーニングだけでは改善が難しくなったため、歯周ポケットの深い部分をお掃除する歯周治療をお受け頂くことになりました。
前の歯科医院さんでは長く検診には通っていらしたようなのですが、今まで痛みもなく、よく噛めていたので、まさか私が歯周病だなんて夢にも思わなかった・・・とおっしゃっておられました。

その方から
虫歯は痛くなるのに、どうして歯周病は痛くならないの?」とご質問を受けました。
私達歯科衛生士は歯周病のメカニズムを理解しているので痛みが出なくても特に不思議には感じませんが、そうですよね、患者さんにとっては素朴な疑問だと思います。

その理由は、歯周病はかなり進行するまで痛みが出にくいからなのです。なぜ出にくいかというと、歯周病は歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌が起こす病気です。歯周病菌に感染すると膿が生じるのですが、初期の段階では歯周ポケットから排出されるため、痛みが生じないのです。

ところが歯周病が進行すると歯周ポケットの深いところで膿が生じ、外に出にくいので歯周組織が圧迫され、痛みを感じ始めるのです。
自覚症状がないため歯科にかからず、痛みが出て検査を受けたら、すでに重症化しているという診断を受ける場合が多いのが歯周病の特徴と言えます。

歯周病は日本人の約80%が罹患していると言われ。現在、虫歯に次いで歯を喪失する原因の第2位で、約半分を占めるとも言われています。(ちなみに第3位が歯根破折によるものです。)

歯周病を防ぐには、毎日の正しい歯磨きで確実に歯垢を除去し、定期的に歯科医院で検診を受け、予防する事が何よりも大切なのです。歯が揺れたり、歯茎から出血する場合には、手遅れになる前に、歯科を受診なさってくださいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

ページトップへ