口内フローラについて

こんにちは 歯科衛生士の青山です。
先日、欠かさず定期検診に来院されている患者さんが、こんな事を話されていました。

これまでは虫歯や歯の着色が気になり、見た目を気にして来院していたけれど、最近は、「歯周病は糖尿病、心臓疾患、脳出血などといった深刻な病気と関わりがある。」という研究報告を知り、歯の健康は全身の健康にかかわるので、これまで以上に毎日の生活で気をつけていきたいと話されていました。

「口内フローラ」という言葉をご存知でしょうか?
口の中は粘膜が露出しており、とてもデリケートなところです。粘膜を守るために口の中に存在する細菌の数は約100億、約700種類の菌が存在すると言われています。その中には虫歯の原因になるミュータンス菌や、歯周病の原因となるスピロヘータ菌もいます。

その一方で、こうした悪玉菌から口内を守ってくれるミティス菌のような善玉菌もいます。たくさんの細菌がいる口の中は、花が美しく乱れ咲く花畑になぞられて、口内フローラと呼ばれています。
この口内フローラの環境が崩れると、様々なトラブルの原因となります。口内フローラから腸内フローラを思い浮かべる方もおられると思いますが、腸内フローラとは腸内細菌の集まりを表しています。

口腔と腸は同じ消化器系ですが、口の中は外部からの影響を受けやすいのでいつも一定の細菌バランスではありません。飲食、呼吸、唾液を出したりする為、口内の細菌バランスは変化しやすいのです。口腔内を清潔に保ち、悪玉菌が増えすぎないように気をつけましょう。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

ページトップへ