歯周病の検査について

今回は以前、テレビの歯科に関する番組で取り上げられていた
「治療をする前に針のようなもので歯肉をチクチク刺すのはなんで?」
についてお話したいと思います。

この“歯肉を針のような物で刺す”とは何をしているかというと歯肉の状態を調べる、いわゆる歯周病の検査をしています。

測定項目としては、
① 歯周ポケットの深さ(歯と歯肉の間の溝)
② 測定時歯周ポケットからの出血の有無
③ 歯の動揺(揺れの大きさ)
その他にも、歯周ポケット内のプラークや歯石の有無等について検査しています。

まずは①の歯周ポケットの深さについてですが、健康な状態でも2〜3ミリの深さがあります。歯周病が進行することによりポケットは4ミリ、5ミリと深くなっていきます。
3ミリ以内は健康な数値、4〜6ミリは初期から中等度の歯周病、7ミリ以上は中等度から重度の状態を表します。ポケットの深さは1本の歯でも一定ではない為、通常、1本の歯について全周6カ所測定していきます。

この深さを測定する為に使用するのがプローブという物差しのようなメモリのついた先の細い器具で、これが”針のようなもの“と例えられていた検査器具です。

次に②歯周ポケットからの出血、についてです。
炎症が起きている歯肉は少し触れただけで出血してきます。
ポケットの測定の際、出血があるかどうかで炎症の有無をチェックします。

最後に③歯の動揺についてです。
歯周病が進行し、歯を支えている歯槽骨が破壊されると歯のグラつきが起こります、(動揺と言います。)この動揺の程度についても検査します。
また同時に歯石がどの部位についているかを調べ、このあとの歯石除去の目安になっていきます。
このように歯の周りをチクチク触る検査は、以上のことを調べる重要な検査になります。

今、日本人の成人の約8割の方が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病は初期の段階では自覚症状が出にくい病気です。しかし早期に治療すればきちんと治せる病気です。
患者さんによっては、「この検査、チクチクしてちょっと苦手だな‥」と思われる方もいらっしゃると思います。
ですが早く歯周病を見つけ、将来的に歯をしっかりと残す為に欠かせない検査なのです。

当院では初診の場合、基本的に歯周病の検査、全体のクリーニング、その後、歯が綺麗になった状態でレーザーを当てて虫歯のチェックを行い、歯周病・虫歯のデータを数値化します。
その資料に基づき、院長先生が今後の治療方針を患者さんに説明させて頂き、治療に進みます。

何事にも通ずることですが、基礎が整っていなければいいものはできないと思います。
歯科における基礎は健康な歯周組織だと思います。
治療を成功させるためにもこの歯周病の検査は、とても重要になってくるのです。

ページトップへ