歯周病は世界で最も患者数の多い病気です。

皆さんは、歯周病が世界で最も患者数の多い病気だということをご存知でしょうか?
これは、ギネスブック公認なのだそうですよ。
厚生労働省によると、日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯を失う原因の第一位が歯周病です。また、全身の健康にも関係し、糖尿病や動脈硬化など様々な病気と関わっていることが分かってきています。
 
自覚症状が少ないので気がつかないまま進行することが多く、気が付いた時には歯がかなりぐらぐらで手遅れ…なんてことも。
そうならない為には、毎日の正しい歯磨きと歯茎のチェック、また、定期的な歯科検診とクリーニングが必要不可欠です。
 
私たち歯科衛生士は、歯周病を予防する為の正しい磨き方のお話や、ホームケア(歯磨きなど)だけでは取り除けない汚れを取り、お口の健康を保つお手伝いをさせて頂いております。
お口の状態に合わせてそれぞれ3、4、6カ月の間隔でご来院頂くのが一番ですが、状態を良く保つ為には、少なくとも6カ月に1度はご来院下さいね。
 
歯科衛生士 島田
 
 

 

 

ページトップへ