歯の衛生週間(習慣???)

こんにちは。歯科衛生士の青山です。
6月に入り、6/4~6/10まで歯の衛生週間が始まります。
6月4日は6(む)と4(し)との語呂合わせで「虫歯予防の日」とされています。

今年の標語は、「伸ばそうよ 健康寿命 歯磨きで」 だそうです。
日本人男性の平均寿命は78歳、女性は85歳と、世界一の長寿大国ですが、残念ながら80歳で歯が20本以上残っている人の割合は4割弱にとどまっています。

歯の寿命はおおよそ50~60歳代で、高齢になるに従い、歯を失う方が多いのが現状です。
一般的に老齢化に伴い、歯が自然に失われていくと思われている方が多いのですが、そうではありません。年をとると自然に歯が抜けていくということはないのです。

歯を失う原因は様々ですが、その3大要因は次の通りです。

虫歯が進行してしまい、治療が困難な場合。
歯周病で歯を支えている歯槽骨がなくなることにより、歯がグラグラ動き、保存困難な場合。
③ 歯の根が折れたり、割れてしまう歯根破折。歯根破折の原因として以下のような事が考えられます。
• 虫歯治療を繰り返すことにより、歯質が少なくなった。
• 神経を取ってある歯には栄養が行かず、枯れ木のような状態になり、折れやすい。
• 神経を取ってある歯に金属の土台が入っていると金属より柔らかい歯質の一部にひずみが集中する。
• 歯の質が弱い方、噛む力が強い方。

当院では歯根破折の治療を積極的に行っており、他院で抜かなくてはならないと診断された歯でも、保存可能な場合があります。

美味しい物を食べるには、良く噛める歯が無くてはなりません。
そして美味しく食事が食べられる=健康でいられるのです。
また、良く噛む事により、認知症の予防につながると言われております。

80歳まで歯を残すには日頃のブラッシング、定期検診を受ける事が必要になってきます。
せっかくの歯の衛生週間、この機会にご自身の歯の衛生状態を意識することを習慣づけてみませんか?(週間と習慣をかけてみました・・・)

私達、歯科衛生士がお手伝いさせて頂きます。お歳を召されても健康で美味しくお食事を召し上がれるように、皆さんの口腔内の状況にもよりますが、少なくとも半年に一度はプロによる定期検診を受けることをお勧めします。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

ページトップへ