あれ?歯が欠けた?

歯科衛生士の兒嶋です。
先日、お久しぶりの患者さんから「前歯が欠けた!」とご連絡をいただきました。
急遽ご来院いただき拝見したところ、欠けたのは歯ではなく、歯石でした。
この方の最終来院は4年前なのですが、それから歯科医院にはずっと行っておらず、当院でクリーニングして以来、4年間分の歯石がびっしりと歯に付着し、その一部が欠けて患者さんは歯が欠けたと思われたのでしょう。

当院の歯科衛生士便りをお読み頂いている皆様は既にご存知かと思いますが、歯石とはプラーク(歯垢)が唾液の成分により石灰化したものです。
石のように硬く、歯と似た白黄色をしていて、歯と見間違える方も多いです。

歯石は細菌の温床となり、その結果、歯肉からの出血や不快な口臭の原因となります。
歯石になる前の歯垢(プラーク)の段階でしたらご自身のブラッシングで落とせるのですが、歯石になってしまうと、歯ブラシで落とすことはできないため、歯科医院でのクリーニングが必要となります。

歯石をそのまま放置してしまうと、層状にどんどん大きくなり歯を覆ってしまい、元々の歯の形がわからなくなってしまいます。歯石を除去してやっと歯の形がわかる方もいらっしゃいますが、そのような大量の歯石を除去するには時間もかかりますし、患者さんご自身にもお痛みがあると思います。歯石を溜めても何も良いことがないのです。

驚くべきは、42時間というわずかな時間で歯垢(プラーク)は歯石へと変化してしまう点です。
「私は毎日、ブラッシングしているから大丈夫」と思っていても、お口の中全部はご自身では直視できないため、磨き残しがある箇所には、徐々に歯石が沈着してきます。
是非4~6ヶ月に一度は定期検診とクリーニングで拝見させて下さいね。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ