“磨いている”と、“磨けている”は違います。

こんにちは、歯科衛生士の青山です。
先日の定期検診時、歯周病の検査をしていた際に、こんな事がありました。

この方はお久しぶりの来院だったのですが、検査結果が前回より悪化しており、磨けていない箇所を鏡で見て頂きました、患者さんは「ちゃんと毎日磨いているのになぁ・・・」と呟いておられました。

残念ならが、“磨いている”と、“磨けている”は違います。
虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、力いっぱい磨いたり、長く時間をかけて磨いただけでは完全に除去できません。自分のお口の中に合った歯ブラシを使い、ブラッシング効果を引き出す磨き方をすることが大切です。
糖尿病は糖尿病の、心臓病には心臓病の治療方法があるように、歯ブラシも虫歯や歯周病の状態に合わせたものを選ぶ事が大切だと思います。

「歯医者さんで売っている歯ブラシと、市販の歯ブラシは何処が違うの?」とよくご質問を頂きます。
市販の歯ブラシは、ある程度、どなたでも使えるように作られているのに対し、歯科医院専売品では、メーカーが長年の研究を活かし、ブラシの持ちやすさだったり、力の入れ加減を調節しやすかったり、その方の歯並びに合わせたりと、様々なタイプの歯ブラシがあります。

歯科衛生士が実際に患者さんの口腔内を拝見し、効果的な磨き方をアドバイスできることや、お口の状態や治療目的に合わせて選んだり、色々な歯ブラシを使い分けができる事が特徴です。特に歯間ブラシはサイズが微妙なので、実際に口腔内を拝見し、最適のサイズを選べることは、メリットが大きいと思います。

歯ブラシ・歯間ブラシ選びや歯の磨き方でお悩みの方、是非、私達歯科衛生士にご相談下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

ページトップへ