歯のホワイトニングについて

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
突然ですが、皆さんはどんな歯に憧れますか?
私は小さな頃から白い歯に憧れがあります。
小学生の頃、ハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉を買いに行った時の、
ワクワク感を今でも覚えています。

この度ホワイトニングコーディネーターの資格を取得したので、今回はホワイトニングについてお伝えしますね。

ホワイトニングは歯そのものの色を白くします。
PMTCで着色汚れなどを落とした後に、
もっと白くしたい場合、ホワイトニングは効果的です。

ホワイトニング方法は大きく分けて2種類あります。

①オフィスホワイトニング →歯科医院にて歯科医師・歯科衛生士が施術します。
②ホームホワイトニング  →歯科医院で専用のトレーを作製し、ご自身でホワイトニング材をトレーに入れ装着していただきます。

また、①と②を組み合わせる事をデュアルホワイトニングと言います。

実際に問い合わせや希望される方が多い②ホームホワイトニングについて詳しく書いていきます。

自分でやると思うと不安になるかもしれませんが、トレーの入れ方や取り扱いは説明をいたしますので、皆さん問題無く使用できています。ご安心下さいね。

長所ですが、
① 安全性が高い → トレーから溢れたホワイトニング材を誤って飲んだ場合でも問題ないとされています。
② オフィスホワイトニングよりも透明感や自然感のある漂白ができる → 薬剤の濃度が低く、漂白時間が長いため、より深部まで漂白することができ、効果が安定しています。
③ 後戻りが比較的遅い
④ 生活に合わせた漂白処置が可能 → ご自宅でできるので気になるときや、好きなときにできる。

次に短所ですが
① 効果を感じるまでに何日かかかる
② ご自身で行うため、トレーの扱いや薬剤の保管法の理解が必要

仕上りの良さと後戻りが遅い点は、自分でやる手間を考えてもやはり魅力的ではないでしょうか。
以上ホームホワイトニングの特徴でした。

最近ではインターネットや海外旅行の際に海外のホワイトニングキットを入手される方もいらっしゃいますが、日本では未認可の製品で、安全性については不明な点もあり、オススメはできません。

当院では上の歯のみ、下の歯のみと片顎から対応しております。
また被せ物やお口の中の状態によっては適応しないことがあります。
当院の歯科衛生士は2名ともホワイトニングコーディネーターの資格を持っておりますので、興味がございましたら、気軽にお声がけ下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

ページトップへ