ステイン(着色)はなぜ付着するの?

こんにちは 歯科衛生士の青山です。

今回はステインのメカニズムについてお話ししたいと思います。
定期検診で歯石を取りPMTCを受けて頂いて綺麗になった歯でも、時間が経つと、表面にステイン(歯の表面の着色)が付着する事があります。検診時に着色が気になりますと言われる患者さんも多くいらっしゃいます。

ステインの付着度は生活習慣や口腔環境によって個人差があります。
ではなぜステインが付着するのでしょう。それは歯の表面を覆っている唾液由来のペリクルによるものです。

ペリクルとは無色透明な非細菌性の有機質の膜で、ペリクル自体には細菌は存在しません。
ペリクルには脱灰から歯質を保護してくれる働きや、歯の再石灰化を促す働きがありますが、コーヒー、紅茶、赤ワインなどに含まれるタンニンやタバコのヤニなどを吸着し、時間の経過につれ、様々な反応を経て濃色となり歯に沈着していきます。

毎日歯磨きしていてもステインが付着してしまう原因はお分かりいただけましたでしょうか?
特にお茶類やコーヒー、赤ワイン等、少しずつ摂取しているうちにステインが付着していきます。

ステインが付着して気になる場合ですが、ご自分で硬い器具等を用いて擦ってはいけません。歯の表面を傷つけてしまい余計にステインが付着しやすくなってしまいます。

ではどうすればステインを除去できるか?ですが、定期的にPMTCを受けていただくことです。PMTCによりバイオフィルムを除去すると同時にステインも除去することができます。

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略称です。器械とフッ素が配合された研磨ジェルを使用し、歯を傷つけること無く、磨いていきます。
施術後は、歯の表面にプラークがつきにくくなるというメリットもあり、虫歯や歯周病予防に効果があります。ステインが付着して気になる方は、自己流にゴシゴシ磨くのではなく、一度、PMTCを受けてみて下さい。歯の表面がツルツルになり、さっぱりします。
食習慣にもよりますが、全くステインが付着しないようにするのはなかなか難しいと思いますので、定期的にPMTCを受けて頂くことをお勧めします。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山


ページトップへ