インプラント東京 吉田デンタルクリニック インプラントとは

インプラント専門医 インプラント専門サイト

インプラント専門医

インプラント専門医 インプラント専門サイトへ

インプラントとは

インプラントのしくみ

写真

一生の間、ご自分の歯で噛んで頂くことが理想なのですが、虫歯や歯周病、もしくは事故などで、大切な歯を失ってしまった場合、従来の治療法としては、隣り合った歯を削って人工歯を連結するブリッジ療法と、部分、もしくは総入れ歯(義歯)治療が一般的でした。
しかし、近年の生活の質の向上にともない、従来の治療法で指摘されてきた様々な問題点を解消するため、研究、開発されたものがインプラント療法です。
ブリッジ、入れ歯、インプラントの3方法とも、それぞれ特徴があり、お口の中の状況により向き・不向きがありますので、一概にどの方法が良いとは言えないのですが、状況が許すならば、快適性に勝り、他の健康な歯にも優しいインプラント治療を、選択肢の一つとしてお考え頂ければと思います。

インプラント(人工歯根)は第二の永久歯とも呼ばれ、歯の抜けた部分の顎の骨に、チタン製のインプラントを埋め込み、これを土台として人工の歯を装着する治療法です。
チタンは生体親和性が高い材質で、顎の骨と結合することにより、しっかりとした土台となります。この上に人工の歯を固定するので、天然歯のような安定した咀嚼(そしゃく-食べ物を歯で噛み砕く)機能と、審美性の回復が可能となります。

ページトップへ

他の治療法との比較

従来法 インプラント療法
1~2本の
歯を失った
場合
抜けた歯の両隣の健康な歯を削って連結し、ブリッジにします。
  • 支える歯に大きな力がかかり、将来的に失う可能性があります
  • 両隣に歯がないと(例・一番奥の歯) 適用できません
失われた歯の部分の骨にのみインプラントを埋入します。
  • 両隣の健康な歯を削る必要がありません
  • 部位を選びません
多くの歯を失った場合 残っている歯にバネをかけ、部分入れ歯を装着します。
  • バネのかかる歯に負担がかかり、汚れも溜まりやすいので虫歯になりやすい
  • 違和感があり、噛む力が弱くなります
  • 味覚が落ちます
歯が失われた部分の骨にのみインプラントを埋入し、その上にブリッジを作成します。
  • 両隣の健康な歯を削る必要がありません
  • バネが無いので、天然歯に近い修復ができます
  • 歯がまったく動かず、ご自分の歯と同じように噛めます
すべての
歯を失った
場合
総入れ歯を入れます。
  • 歯肉との吸着力で支えるので、噛む力が弱くなります
  • 入れ歯と歯肉の間に食べ物が挟まりやすいので、 痛みの原因になることがあります
  • あごの骨がやせてくると入れ歯を作り直す必要があります
4~8個のインプラントを埋入し、フルブリッジにします。
  • 歯がまったく動かず、ご自分の歯と同じように噛めます
  • あごの骨がやせるのを防ぐことができます

従来法(義歯・ブリッジ)による治療

従来法(義歯・ブリッジ)による治療

インプラントによる治療

インプラントによる治療

ページトップへ

インプラント治療の利点および留意点

利点

  • 固定性の歯が装着されるので、ご自分の歯と同様に、固いものも噛むことができ、異物感もなく、快適に使用できます。
  • 隣接する歯を削ったり、支えにしないので、他の健康な歯に悪影響を与えません。
  • 虫歯や歯周病にならないので、メンテナンスがよければ長期間にわたる使用が可能です。

留意点

  • 手術が必要になります。
  • 義歯やブリッジによる治療法に比べ、治療費が高額になります。
  • 診査の結果により、適用できない場合があります。

治療が制限されるケース

  • 糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある場合、良好な状態に保たれていることが条件となります。
  • 顎の骨の量が非常に少ない場合、追加の処置が必要になることがあります。
  • 顎の骨が発育過程にある、概ね16歳以下の方。

ページトップへ


インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの診療日時 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックのアクセス情報 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの電話番号


Copyright © インプラント 歯根破折 東京・歯科 吉田デンタルクリニック All Rights Reserved.