インプラント東京 吉田デンタルクリニック 治療の流れと治療法紹介

インプラント専門医 インプラント専門サイト

インプラント専門医

インプラント専門医 インプラント専門サイトへ

治療の流れと治療法紹介

基本的な治療の流れ(当院の例)

ご相談

レントゲン撮影および、お口の中の状況を確認します。患者さんのご希望を伺うとともに、インプラント療法や他の治療方法について、詳しい説明のお時間をお取りします。

詳しくはこちらへ

CT撮影とデータ収集

相談の結果、インプラント治療を希望される場合、CT撮影により詳細なデータを集めます。その他、噛み合わせ、他の残存歯や顎の骨の健康状態等について診査し、また血液検査により、全身の状態も確認します。その後、口腔内のクリーニングや必要があれば歯周病治療等の初期治療を行います。

詳しくはこちらへ

インプラント埋入(一次)手術 (30~120分)

データを検討し、綿密な治療計画を作成し、患者さんのご了解を頂いた上で、顎の骨にインプラントを埋め込みます。専用の手術室で歯科麻酔医の全身管理のもと、静脈鎮静下で処置を行います。
痛みもなく、夢見心地のうちに終わります。

詳しくはこちらへ

安定結合期間(12~24週)

埋め込まれたインプラントと周囲の骨が結合するために、一定の期間が必要です。
長いようにお感じになるかもしれませんが、実績と研究データに裏付けられたもので、治療の成功のためには非常に大切な時間です。この間、仮歯を装着することも可能です。

インプラント二次手術(30~60分)

骨との結合を確認後、インプラントに支柱部分を装着します。一次手術と異なり、局所麻酔下のみで行う処置ですので、短時間で終了します。

仮歯の作製

手術後の歯肉が安定する間(2~6週間)、仮歯を作製してお使いいただきます。噛み合わせや色、形など、必要があれば作製を担当する歯科技工士も交えて確認します。
使い勝手は患者さんご自身でないとわかりませんので、この時期は何でも気がついたことをご指摘ください。 満足のいく最終的な上部構造を作製するため、歯科医師、歯科技工士にとって、貴重な情報となります。

詳しくはこちらへ

最終上部構造(人工歯)の装着

仮歯装着で判明した問題点を解決し、患者さんにご納得を頂いた上で、最終的な人工歯を装着します。

定期検診

インプラントを良い状態で長くお使い頂くためには、治療終了後のメンテナンスが大切です。ご自身の歯のチェックも含め、半年に一度、定期検診にお越し頂いております。

詳しくはこちらへ

ページトップへ

その他の治療法

骨を造成する治療法

ご自身の骨の量が少なくて、インプラントを埋入できない場合、種々の方法により骨を造成し、インプラントを埋入します。

1日で歯が入る治療法

条件が整えば、手術を行ったその日のうちに仮歯を装着し、お帰り頂くことも可能です。

切開をしない手術による治療法

コンピュータシミュレーションを使い、あらかじめ手術用ガイドを作製し、歯肉を切開することなくインプラントを埋入することも可能です。

4本のインプラントで全ての歯を回復する治療法

歯が1本もない方であっても上顎または下顎に4本のインプラントを埋入してその日のうちに仮歯を入れることができます。

ページトップへ


インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの診療日時 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックのアクセス情報 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの電話番号


Copyright © インプラント 歯根破折 東京・歯科 吉田デンタルクリニック All Rights Reserved.