インプラント東京 吉田デンタルクリニック 私たちが選ばれる理由

インプラント専門医 インプラント専門サイト

インプラント専門医

インプラント専門医 インプラント専門サイトへ

私たちが選ばれる理由

スペシャリストによるチーム医療体制

写真 インプラント治療の成功のためには、優れたハードウェアとソフトウェアが必要です。ハードウェアとはインプラント材料のことで、これについては後述のブローネマルク・システムを採用しています。また、ソフトウェアとは、このインプラント材料を生体内に入れていく手術や、全身管理にあたる専門歯科医チームと、土台となるインプランの上に最終的な上部構造 (人工歯)を作製する歯科技工士に相当します。

当院では、

  • 手術を行う執刀医
  • サポートする介助医
  • 術中の全身管理を行う歯科麻酔医
  • 術前・術後の口腔内の管理を行う歯科衛生士
  • 上部構造を作製する歯科技工士

の各自がそれぞれの分野におけるスペシャリストであり、それらの高い技能を結集し、一人の患者さんのためにチームを組んで皆様の治療にあたっていきます。また、インプラント専用手術室を完備し、徹底した衛生管理を行っております。

ページトップへ

世界標準のインプラント材料

写真 生体内に入れるインプラント材料には、人工臓器としての高い生体親和性、安全性が要求されます。 治療の成功を最優先する当院がブローネマルク・システムにこだわるのは、高価ではあるが、豊富なデータに裏付けられた実績と信頼できる世界標準インプラントであるからです。

1965年、ブローネマルク教授は、長年にわたる骨結合の研究を経て、初めて歯科分野でインプラント治療を開始しました。この最初の患者さんは、お亡くなりになるまで40年以上にわたりインプラントを使用していました。ブローネマルク・システムと呼ばれるこの療法は、現在では世界70カ国以上で人々の治療に役立てられています。
ブローネマルク・システムは、原則に従って適切に行われたならば、極めて高い成功率を示すことが実証されており、世界的に安全が認められたシステムです。今日では多種多様のインプラントが開発されていますが、その多くがこのブローネマルク・システムの概念に従ったものです。

ページトップへ

国内トップレベルの歯科技工技術

写真 手術にばかり目が行きがちなインプラント治療ですが、最終的に、きちんとした上部構造(人工歯)が装着されて、はじめてしっかりと噛めるようになります。
埋め込まれたインプラントの上に固定される上部構造は、天然歯の上に装着されるブリッジなどの人工歯とは全く異なり、その作製には専門性が極めて高い特殊な歯科技工技術が要求されます。精度の低い上部構造はインプラント本体の破折など、治療の失敗につながる可能性があります。

当院では日本でのインプラント技工の第一人者である山口芳正氏に作製を依頼しています。優れた技術に見合う技工料はかかりますが、治療の成功には代えられません。また万一、装着後のトラブルがあった場合にも、容易に対応できるよう作製されております。
昨今、コスト削減と患者さんの通院回数を減らすため、作製途中のステップを簡略化した上部構造を装着する例が散見されます。これは治療期間の短縮と引き換えに、万一のトラブルへの備えがおろそかにされることを意味しており、結果として、患者さんご自身のインプラント装着後のリスクを増大させることになります。

ページトップへ

入念な工程による上部構造の作製

写真 二次手術後、いきなり最終的な上部構造(人工歯)を作製するのではなく、手術後の歯肉が安定するまで仮歯を作ってお使いいただきます。患者さんから仮歯の形のご希望や、使い勝手などについてご意見を頂き、歯科技工士も交えて検討します。この間に得られた情報は、最終的な上部構造の作製に反映させていきます。その分、多少時間はかかりますが、一生使う歯を作るのですから、後悔しないよう、最高の結果を得るために時間をかけることをご容赦ください。


ページトップへ

一生涯の安心

写真 装着された上部構造は、ご自身の歯と同様に、経年劣化していきます。また、長くお使いいただく間には、お口の中の状況や、患者さんを取り巻く生活環境の変化等が生じる可能性もあります。当院ではさまざまな状況に対応できるよう、迅速な対処ができる体制を整えております。

詳しくはこちらへ


ページトップへ


インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの診療日時 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックのアクセス情報 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの電話番号


Copyright © インプラント 歯根破折 東京・歯科 吉田デンタルクリニック All Rights Reserved.