インプラント東京 吉田デンタルクリニック インプラント専門医の治療

インプラント専門医 インプラント専門サイト

インプラント専門医

インプラント専門医 インプラント専門サイトへ

インプラント専門医の治療

学会認定の指導医の資格が意味するもの

写真 インプラント治療の急速な普及に伴い、"インプラント"と名のつく学会が国内に多数存在しております。その中で唯一、日本歯科医学会から公認されている学会が日本口腔インプラント学会です。歯科医師であれば、無条件で学会員となることができ、いまや会員数が1万人を超える日本最大の歯科の学会となりました。当院長は、この学会より専門医・指導医の両資格の認定を受けております。

専門医および指導医の細則については専門的になりますので省略させていただきますが、専門医の資格は学会の審査基準を満たし、試験に合格し、さらに指導医2名の推薦があって得られる資格です。
また、指導医の資格とは、専門医の上級資格であり、専門医を含む歯科医師の指導のために講義をすることを許可された資格です。
これらの資格は取得後も5年毎の更新制で、知識と技術の向上を目指し、たゆまぬ努力と実績が無ければ維持できないシステムとなっています。

平成29年4月現在、専門医の資格を持つ歯科医師は東京都内で約140名おります。
また、専門医・指導医の両資格を持つ歯科医師は23名で、そのうち、教授などの歯科大学関係者を除き、開業医はわずか9名のみ、そして当院長はそのうちの1名です。


ページトップへ

経験と実績

写真 外科処置を要するインプラント治療には、術者である歯科医師の高い技能が要求されます。
日本における近代的なインプラント治療は、当院長の母校である東京歯科大学が1983年、スウェーデン、イエテボリ大学のブローネマルク教授を招いて行われた手術が初めてでした。当院長はその際のチームメンバーであり、以来、30年以上にわたりインプラントの専門医として診療・研究に携わって参りました。
これまでに専門誌への掲載論文20編以上、学会発表50回以上という業績があります。インプラント埋入症例数は、平成26年1月現在で3000本を超え、最も長い治療症例の患者さんは、25年以上インプラントを快適にお使いになっていらっしゃいます。また、診療の傍ら、現在も大学で非常勤講師として後進の指導に当たっております。
院長自身はイエテボリ大学でブローネマルク・システム専門医の認証を受けておりますが、その後、日本でも同じ認証が受けられるよう、スウェーデン人講師を招聘してのトレーニングコースで、アシスタントを務めてまいりました。この講習会参加をきっかけに、ご自身でインプラント治療を開始された先生方も数多くいらっしゃいます。


ページトップへ

ドクターからの厚い信頼

写真 当院はインプラント治療に関し、雑誌・新聞・インターネット・看板など、有料広告を一切出しておりません。 "歯科の実力"などの雑誌で当院が取り上げられているのは雑誌社独自の公平な調査によるものです。
当院のインプラント患者さんの殆どは、当院でインプラント治療を受けられた患者さんのご紹介か、ご自分の医院ではインプラント治療をなさらない、他院の先生方からのご紹介です。 また、ご自身でインプラント治療をされる先生でも、難症例かな?と思われる場合、ご紹介を頂くこともあります。また、先生ご自身のインプラント治療についてのご相談を受けることもあります。

このように、同業の先生方からご自身の治療や、また、ご自分の大切な患者さんをお任せいただけるのは、当院のインプラント治療技術を信頼してくださっている何よりの証と有難く、身の引きしまる思いで診療にあたっております。


ページトップへ


インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの診療日時 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックのアクセス情報 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの電話番号


Copyright © インプラント 歯根破折 東京・歯科 吉田デンタルクリニック All Rights Reserved.