インプラント東京 吉田デンタルクリニック ストレスをなくす鎮静法

インプラント専門医 インプラント専門サイト

インプラント専門医

インプラント専門医 インプラント専門サイトへ

ストレスをなくす鎮静法

静脈内鎮静法の利点

写真

当院では「どうすれば患者さんが痛みや不安無く、安心して手術に臨めるか?」に注力し、一次手術の際、日本歯科麻酔学会認定の専門医である歯科麻酔医が、静脈内鎮静法と術中の全身管理を行っております。静脈内鎮静法は、意識がなくなる全身麻酔とは異なり、意識はあるがうたた寝をしているような、とてもリラックスした状態で手術を受けることができる方法です。
ストレスがなくなり、痛みもなく、いつの間にか手術が終わっていたという感じがします。

担当歯科麻酔医についてはこちらへ

静脈内鎮静法を受けることにより、患者さんにご安心いただける点

  • 麻酔医の全身管理のもと、不安が取り除かれ、リラックスした状態で手術を受けることができる
  • 手術中の器具の振動や緊張感を高める音など、処置中のことを覚えていない
  • 処置時間が短く感じられる
  • 入院する必要がない

さらに、緊張が和らぐことで血圧や心拍数も安定し、嘔吐反射のある方でも、処置中の吐き気を抑えることが可能です。

静脈内鎮静法を受けられた患者さんの体験談はこちらヘ

手術を行う術者として安心な理由

  • 意識があり、自分自身で呼吸ができるので一般的な外科手術に伴うリスクを軽減できる
  • 効果が確実で、速やかである
  • 万一の緊急時には、静脈からすぐに薬剤を使用できる
  • 笑気吸入鎮静法を併用しているため、高濃度の酸素投与が可能である

などが挙げられます。

ページトップへ

静脈内鎮静法の流れ

手術が決まったら

あらかじめ全身の健康状態、服用薬などについてご記入いただいた問診表と血液検査の結果を、手術日が決定した時点で麻酔医が直接確認します。服用薬を一時的に止めていただく必要がある場合は事前にご連絡いたします。

手術当日の術前に

鎮静法の手順について、麻酔医から直接説明させていただきます。

術中は

手術室にお入りいただいた後、血圧、脈拍、酸素飽和度などのモニター装置をつけ、全身状態をチェックした上で、麻酔医が点滴を行います。モニター装置は安全のため、手術終了まで装着していただき、麻酔医が常にチェックします。

術後は

写真

特別な処置はありません。個人差がありますが、多少の眠たさやふらつきが残る場合もありますので、30分ほど診療室でお休みいただきます。

その後、麻酔医が覚醒を確認したうえでご帰宅いただきます。普段どおりの生活をしていただいて結構ですが、当日、車などの運転はお避けください。


ページトップへ


インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの診療日時 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックのアクセス情報 インプラントの専門医 吉田デンタルクリニックの電話番号


Copyright © インプラント 歯根破折 東京・歯科 吉田デンタルクリニック All Rights Reserved.