歯科衛生士便り「顎関節症予防の為のセルフケア」を更新致しました。

顎関節症発症の原因は複数あり、咬み合わせ、歯ぎしり、悪習癖(口呼吸や頬杖など)、生活習慣、ストレスなどです。これらのリスク因子が積み重なり、個人の限界値を越えると症状があらわれます。このリスク因子を減らす事で、症状の発症を抑える事ができます。

詳しくはこちらからどうぞ。

ページトップへ