虫歯治療

虫歯治療

虫歯について

ミュータンス菌
虫歯は歯の表面の歯垢(=プラーク)の中にある虫歯菌(ミュータンス菌)が産みだす酸により、歯が溶かされていく病気です。歯垢は時間の経過とともにバイオフィルムといわれる水に溶けない膜を形成し、通常の歯磨きや洗口剤では除去しにくいものとなっていきます。

皆さんは、全く虫歯治療していない歯と、治療が施されている歯の、どちらが虫歯になりやすいかご存知ですか?意外に思われるかもしれませんが、実は後者のほうが虫歯になりやすいのです。
治療されている歯では、詰めたものと歯自体との隙間から、虫歯菌が侵入しやすく、こうしてできた虫歯を二次カリエス(=虫歯)と言います。詰めものがはずれて、来院される場合、殆どの場合、この二次カリエスが原因です。こうなると今まで詰めてあった範囲より、さらに歯を削ることになり、大きなダメージとなります。ご自身の歯を長く使っていただくためには、いかに二次カリエスを防ぐかが重要で、最良の予防方法は、すき間が限りなく小さい、(適合がよいという表現をします)詰め物で虫歯を治すことです。
また、定期的にPMTCを受けることにより、ご自身では落としきれないバイオフィルムの除去と、歯面へのフッ素塗布による歯質の強化を図ることが効果的です。

ページトップへ

当院の虫歯治療

的確な診断

虫歯測定器ダイアグノデント
従来は歯科医師の目視とレントゲン撮影に頼っていた虫歯の診断ですが、見落としや、不必要に削ってしまうリスクを避けるため、当院ではレーザー機器のダイアグノデントを導入しております。歯に当てられたレーザーが、石灰質が減少している虫歯部分にのみ反応し、数値で示されるので、客観的に虫歯の進行状態の診断ができます。
また、ごく初期の虫歯の場合、再石灰化により自己修復できることがわかってきましたので、ダイアグノデントによる評価で低い値を示す虫歯に関しては、すぐに削らず、ブラッシング指導を徹底し、
定期検診時に数値の経過を観察しながら、歯を削らずに温存することも可能となりました。

最小限の切削量

進行してしまった虫歯の場合、残念ながら自然治癒はあり得ないので、削って治療をする必要があります。虫歯の部分をすべて、高速のドリルで削れば時間は短縮できるのですが、それでは健康な硬い歯質まで削ってしまう恐れがあります。
当院では、虫歯菌に感染して柔らかくなった歯質を染色液で染め出し、その部分のみを低速ドリルや手用切削器具で注意深く、時間をかけて取り除きます。削る量を少なくし、歯へのダメージを最小限に抑えるため、欠かせないステップです。

治療

初期の虫歯

初期虫歯この段階では、自覚症状は殆ど無く、検診で見つかることが多いです。初期の虫歯の場合、当然ながら削る分量は少なくてすむので、歯と同色のレジン(プラスチック)を充填して1回で治療は終了します。虫歯の範囲が大きい場合、型を採って後日、技工所で作製した修復物を装着します。この場合、通院回数は2回です。

進行した虫歯

進行した虫歯
虫歯が進行し、歯髄(神経)まで及んでしまった場合、何もしなくても常に痛みを感じるようになります。この段階ですと神経を取る治療が一般的です。ですが、神経を取った歯は強度が低下し、破折や変色、また歯根に病気ができる場合もあります。また、二次虫歯になっても痛みを感じないため、気付いた時にはひどく進行している場合もあります。
なるべく歯を残したいと考える当院では、できるだけ神経をとらない処置を行っています。また、状況により、削った後にすぐに修復物を装着せず、薬剤で神経の保護を図り、経過が良好なことを確認してから修復物を装着する場合もあります。

修復物の詳細はこちらへ

さらに進行した虫歯

更に進行した虫歯
神経まで虫歯菌が感染している場合は、神経を抜いて空洞になった部分に、薬剤をつめます。感染の状況によりますが、根の部分の治療が必要なため、複数回の来院が必要になります。進行がひどい場合、抜歯が必要になる場合があります。こうなってしまうと、歯の機能を回復するためには、両隣の歯を削ってブリッジを作製するか、入れ歯をいれるか、もしくはインプラント療法の適用になります。

詳しくはこちらへ

よくある質問

診療科目のご質問ページへジャンプいたします。

ページトップへ