歯周病治療

歯周病治療

歯周病について

歯周病について
歯周病(歯槽膿漏-しそうのうろう)は、歯周病菌が、歯の付け根にある歯周ポケットに感染することにより炎症をおこし、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯周病は、多数の歯が一度にかかることがほとんどで、また、虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行するので虫歯より深刻な病気と言えます。また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるともいわれております。

歯周病のセルフチェック

  • 起床時、口の中が粘つく
  • 口臭が気になる
  • 歯に食べ物がはさまるようになった
  • 歯肉が赤く腫れたり、ムズムズする感じがする
  • 歯肉から出血や、膿が出ることがある
  • 歯がぐらぐらしてきた

ページトップへ

当院の歯周病治療

診断

歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度を確認します。さらにレントゲン撮影により、歯を支えている歯槽骨の状況を確認します。

治療

実際の歯周病治療に入る前に患者さんの生活習慣、歯磨きの回数、食習慣などを伺います。その時点での歯周病菌を取り除き、健康な状態に戻すことは可能ですが、患者さんご自身によるホームケアがしっかりしていなければ、歯周病は容易に再発を起こします。まずは治療の意味をご理解いただき、患者さんご自身の意識を高めた上で、二人三脚で治療を開始します。


初期の歯周病(ポケットの深さ2~3ミリ)

初期歯周病
歯と歯肉の間に歯垢がたまって歯肉が腫れ、出血しやすい状態ですが、歯を支える骨に影響はありません。
この段階での治療は、歯の表面についた歯垢・歯石の除去です。歯垢が歯石になってしまうと、ご自分で行う毎日の歯磨きでは取れなくなります。
歯垢の段階でなるべくご自分で取り除いていただくため、ブラッシング指導をいたします。


中等度の歯周病(ポケットの深さ4~5ミリ)

中等度の歯周病
深い歯周ポケットが形成され、歯根の半分くらいまで歯垢・歯石が付着し、歯を支える骨も失われ始めています。
治療は、手用器具を用いて1本1本の歯の歯周ポケット内の汚れの除去します。一度に多くの歯の処置を行うことはできませんので、複数回の通院の必要があります。


重度の歯周病(ポケットの深さ6ミリ以上)

重度の歯周病歯を支える骨が少なくなり、歯がぐらつく場合もあります。
ポケットが深く、手用器具では取りきれない汚れがあると、外科処置が必要になる場合もあります。ポケットは浅くなりますが、歯肉が引き締まって下がりますので、歯が伸びたように見えることがあります。
さらに進行し、ぐらつきがひどい場合、抜歯になることもあります。


よくある質問

診療科目のご質問ページへジャンプいたします。

ページトップへ