予防歯科・定期検診

予防歯科・定期検診

予防歯科という考え方

インプラントブリッジ等で、抜けてしまった歯を補うことは可能ですが、ご自分の健康な歯に勝るものはありません。日本人の平均寿命が延び、生活の質も向上しつつある今日では、できるだけ多くの健康な歯を長く残し、ご自分の歯で噛んで快適な食生活を送ることが、全身の健康管理の大切な要素であると考えられています。

当院では皆さまの歯と、歯を支える歯周組織のクリーニングを予防歯科として位置づけ、虫歯歯周病などの病気が見つかった場合でも最小限の治療ですむように、力を入れて行っています。また、治療終了後は、定期的にプロによる管理を継続することにより、お口の中の良い状態を保っていきます。

PMTC

写真
専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、専用の器具を使って行う歯のクリーニングです。ご自身の歯の本来の白さを取り戻すことができます。また歯垢や歯石だけでなく、歯面全体についているバイオフィルム(病原菌の膜)やステイン(ヤニや茶渋等の沈着物)など、普段のご自身でのケアで取り残した汚れすべてを取り除き、1本1本の歯を磨き上げ、虫歯予防のフッ素を塗布します。

サリバテスト(唾液検査)

唾液の検査で虫歯リスクがわかります
唾液には口腔内を清潔に保つ働きがあり、唾液の分泌が多い人は虫歯になりにくく、逆に少ない人は虫歯にかかりやすいことがわかっています。口腔内の状態は個人によって異なりますので、それを調べるために唾液の性状を検査するのがサリバテストです。具体的には唾液の量、酸を中和する能力、細菌の数を調べます。 この結果をもとに、患者さんごとに、虫歯予防に効果的なプログラムを作成します。


ページトップへ

定期検診について

一度きれいにしたお口でも、その後のメンテナンスがよくなければ、いずれ元の状態に逆戻りし、新たな虫歯や、歯周病を再発させてしまいます。メンテナンスは、ご自身で行う毎日のホームケアが基本ですが、それでも歯ブラシでは取りきれない汚れが残ってしまいます。健康な口腔状態を保つため、当院では患者さん個々の状況により、3ヶ月から6ヶ月に一度のペースでプロによる定期検診をお勧めしております。

また、当院で定期検診を担当させていただく歯科衛生士についてですが、入局するにあたり、院長が、自身の口腔内で歯周病検査・歯石除去・PMTCなどの技術のチェックを受け、院長がその技術を確認した歯科衛生士ばかりです。経験と技術があるプラークコントロールの専門家ですので、患者さんの口腔内の状況にあわせ、最適の歯ブラシや必要に応じて補助ブラシなどの選択も行います。歯科医師には聞きにくいことも、お気軽にお尋ねください。

定期検診の流れは以下のとおりです。

歯周病の進行状況を確認するために、歯周ポケット(歯と歯肉の間の隙間)の深さ、出血の有無、歯の動揺度を調べます。

診療の流れ

超音波スケーラーおよびハンドスケーラーという器具を用いて、歯面についている歯石を除去します。

診療の流れ

器械による歯石除去でざらついた歯面を1本1本手で丁寧に磨くことにより、バイオフィルムが取り除かれ、歯面はなめらかになり、汚れが付着しにくくなります。さらに、きれいになった歯面に高濃度フッ素を塗布することにより歯面は強化され、虫歯にかかりにくくなります。

診療の流れ

きれいになった歯面で、虫歯が疑われる部分にダイアグノデントというレーザー検査機器を用いて客観的に虫歯かどうかを確認します。

診療の流れ

歯周病検査、および虫歯チェックのデータに基づき、患者さんの診断書を作成します。過去のデータがすべて保存されており、数値の比較が可能です。また、ご自身による歯磨きの不十分な箇所や、適切な歯間ブラシなどの選択についても指導させていただきます。

ページトップへ

診断書について

写真

当院では、患者さんの口腔内の写真、歯周病および虫歯の検査結果を、専用のコンピューターソフトを用いて記録し、イラストで表現した診断書を初診時と定期検診時に、患者さんにお渡ししています。お口のなかの状況が客観的に、わかりやすく説明されているので、ふだん、ゆっくりとご自分のお口の中を眺める時間のないお忙しい患者さん方に、ご好評をいただいています。

このデータは、すべてパソコン内に保存されているので、虫歯の状況をレーザーでチェックする数値の変化、歯周ポケットの深さの変化、歯磨き後の磨き残し部分や、歯肉からの出血の改善状況など、初診時、もしくは前回の定期検診時とのさまざまなデータの比較が可能で、口腔ケアに対する患者さんのモチベーションアップに役立っています。


写真
また、このデータは患者さんにお渡しして終わりではありません。当院では患者さん毎に歯科衛生士の担当制をとっており、患者さんのお口の中を拝見するたびに、データをパソコン内に保存することはもちろんのこと、ドクターのカルテとは別に、患者さんの歯磨きの状況や処置内容・ブラッシング指導内容等を記録し、歯科衛生士カルテとして管理しています。
予約状況などのやむを得ない事由で定期検診時に担当する歯科衛生士が替わる場合でも、このカルテを残すことにより、個々の患者さんのすべての治療履歴が、ドクターにも他のスタッフにも一目瞭然で、万一、担当者が替わった場合でも、スムーズに対応することが可能です。


よくある質問

診療科目のご質問ページへジャンプいたします。

ページトップへ