歯根破折

歯根破折 保存治療

歯根破折とは

それまで全く問題無く、普通に使っていた歯が、ある日突然、縦に裂けてしまうことがあることをご存じでしょうか。このように歯の根が割れたり、ひびがはいってしまうことを歯根破折といいます。神経を取って治療がされている歯に起こることが多く、治療のされていない綺麗な歯が縦に割れることはあまりありません。歯を失う原因の多くは歯周病と虫歯ですが、歯根破折はそれに続く原因となっています。

歯根が破折した場合の従来の治療法は、基本的に抜歯でした。割れた部分から細菌が入り、炎症を起こすことにより、歯を支える歯槽骨が失われますので、これを防ぐため、原因となる歯を根こそぎ取ってしまおうという考え方に基づいた治療法です。

では、抜歯した部分はどうするのか?ということなのですが、ブリッジ・入れ歯のページ内「歯を抜けたまま放置すると」で説明させていただいているとおり、口腔内に様々な問題が生じますので、そのままというわけには行きません。
どのように対処するのかというと、ブリッジ・インプラント・義歯といった補綴(ほてつ)治療で失われた歯を補っていくのですが、治療費もかかりますし、何より、ご自分の歯に勝るものはありません。従って歯根が破折した歯も、何とか抜かずに残せないかと研究され、最近になって臨床に応用され始めたのが歯根破折保存治療であり、従来、抜かざるを得なかった歯を保存できる画期的な治療法です。

歯根破折の原因

  • 虫歯治療を繰り返すことにより、歯質が少なくなった。
  • 神経を取ってある歯には栄養が行かず、枯れ木のような状態になり、折れやすい。
  • 神経を取ってある歯に金属の土台が入っていると金属より柔らかい歯質の一部にひずみが集中する。
  • 歯の質が弱い方、噛む力が強い方。
  • 歯ぎしり、噛みしめのある方。

歯根破折の症状

  • 神経を取って治療してある歯が急に痛み出す。
  • 歯茎が腫れる。
  • 被せものが土台からはずれる。
  • 噛むと痛い、違和感がある。

一般的に症状は顕著ですが、ブリッジの支台歯で隣の歯と連結されていたり、ひび程度の破折であると、自覚症状がなく、定期検診時のレントゲン撮影や歯周ポケット検査で見つかる場合もあります。

歯根破折の予防

  • 神経を取らざるを得なくなるまで虫歯を放置しない。
  • 歯に被せ物をする場合、金属の土台はなるべく避ける。
  • 二次カリエスなどで歯質を失わないよう精度の高い治療を受け、治療の繰り返しを防ぐ。
  • 神経を取った歯で必要以上に硬いものを噛まない。
  • 歯ぎしりや噛みしめがある場合、マウスピースを使用する。

歯根破折保存治療法紹介

口腔内接着法

ひび割れ程度の破折の場合や、歯根破折を起こして間もない場合など、その歯を抜かず、口腔内で直接、接着する治療法です。破折部分の洗浄後、新しい歯質を露出させ、生体親和性の良い特殊な接着剤で封鎖します。この方法は抜歯や長期間の固定の必要が無いため、患者さんの負担が少なくて済みます。

口腔外接着再植法

破折した歯を丁寧に抜歯し、炎症のある部分を取り除きます。抜いた歯の破折面を処理した後、生体親和性の良い特殊な接着剤で破折片を整復し、破折前の形態に修復します。これを直ちに抜歯窩(歯を抜いた穴)に戻し、1ヶ月程度固定し、歯が生着するのを待ちます。

写真

ただし、この治療法はすべての破折した歯に行えるわけではなく、歯根の著しい湾曲など、適用できない場合もあります。歯根破折保存治療が適用できない場合は残念ながら抜歯となりますが、初めから諦めて抜歯してしまうより、可能性があるなら、ご自身の歯を残す治療を選択する価値はあると思います。
繰り返しになりますが、ご自分の歯に勝るものはないからです。

治療の流れ

症状を確認し、レントゲンを撮影します。
その結果、歯根破折か否か、歯根破折の場合、処置内容を説明いたします。
所要時間は30分ほどです。

診療の流れ

診査・相談の結果、再植治療に入ります。
麻酔後、抜歯・修復・再植・固定と進めていきます。必要があれば支台築造を行います。
所要時間は60分から90分ほどです。

診療の流れ

おおよそ4週間後に両側の歯との固定を取り除きます。
所要時間は30分ほどです。
修復物のやり直しが無い場合、治療は3回で終了します。

歯根破折保存治療の症例

左下7番の症例

5年前に左下7番に対し神経を取る治療を受け、その後、違和感を訴えて来院された患者さんの症例です。
根管治療後、穴を開けた部分の詰め物だけを行い、被せものをせずに暫く放置されていたのですが、固いものを噛んでしまった時からその歯に違和感が出るようになったということで来院されました。

外見からは特に異常はありませんでしたが、歯にひびが入っている可能性があったため、すぐに被せものをして歯を保護することとしました。
暫くの間、経過観察をしてきましたが、徐々に痛みが増してきたとのことでした。レントゲン撮影では歯根に異常は見あたらず、ただ、金属の被せ物の下の歯の状況はわかりませんでした。
歯根破折保存治療が当院に導入される以前のお話です。

その後、レントゲン撮影では変化が無いものの、患者さんは痛みが増してきたとおっしゃるため、治療の選択肢として、歯根破折保存治療の説明をさせて頂きました。
ただ、この患者さんは抜歯のリスクを避けたいということでしたので、根の先に膿が溜まっている可能性も拭えないため、まず、大学病院の根管治療専門の先生をご紹介しました。
その先生のご指示で、受診前に被せ物を外してみたところ、写真のように歯が縦に割れていたことがわかりました。ここから感染して痛みが出ているものと思われました。

破折歯

破折していることがはっきりしたため、患者さんも納得され、大学での根管治療ではなく、当院で歯根破折歯保存治療をお受けいただくこととなりました。割れた歯を抜いて接着後にすぐ戻しますので出血も殆どなく、この方の場合は痛みも殆ど無かったようです。

破折歯

1か月後に固定を外したところ、他の歯に比べ、多少、歯の動きは大きかったものの、無事に歯を残すことができました。その後、被せ物を入れて現在に至っています。時間の経過とともに歯の動きも小さくなり、違和感も無くなってきたとのことです。

現在のところ、大きな問題もなくお使い頂いておりますが、このまま長く使って頂けることを願っております。

破折歯

歯根破折保存治療についての院長のコラム

歯根破折保存治療についての院長のコラムは以下のとおりです。

「意外と多い歯根の破折」 

「歯を抜いてまでインプラントにするか」

「歯根破折=即 抜歯=インプラントではありません」

「インプラントか歯根破折保存治療か」

「歯根破折保存治療の経過について」

「歯の神経を抜く(抜髄)ということ」

「インプラントと歯根破折の勉強会」

「歯折保存治療5年経過報告(成功率について)」

「インプラント専門医なのに歯根破折保存治療をするのですか?」

よくある質問

診療科目のご質問ページへジャンプいたします。

ページトップへ