8/13 (木)-17(月)夏季休診のお知らせ

8/13 (木)より17(月)まで夏季休診とさせて頂きます。

なお、当院休診期間中の京橋歯科医師会の休日応急診療のご案内は以下のとおりです。

場所 東京都中央区休日応急歯科診療所 (中央区保健所1階) 
期間 8月16日(日)
住所 中央区明石町12-1
電話 03(3541)5420
診療時間 9:00 ~ 17:00

ご不便をお掛けしますがどうぞ宜しくお願い致します。

コロナ禍への取り組み 診療用タオルにつきまして

当院では診療時、患者さんのお顔に水や薬剤などがかからないよう、防護のために中央に穴が開いた歯科用の特殊なタオルを使用しております。

タオルは患者さん毎に交換し、毎日、院内で除菌後、洗濯し、乾燥機にかけたものを再利用しておりますが、コロナ禍のなか、再利用したタオルは不安という方のため以下の選択肢を用意いたしました。

① 100円で新品の歯科用タオルをご購入頂き、次回よりマイタオルとしてご持参頂く
② ご自宅からフェースタオルをご持参頂く (定期検診時のみ可能)

上記をご希望の方は診療開始前にお申し出ください。

損した気分・・・

今日は6月30日で2020年も半分終わってしまいましたね。
今年の前半はコロナ禍(今もずっと続いていますが・・・)で、あっという間に過ぎてしまい、毎年楽しみにしている桜の季節もどこかにすっ飛んでしまったような気がします。

少し前に得した気分♪と書きましたが、今年の春は損した気分でちょっとサビシイ・・

今日は夕方から雨の予報だったように思いますが、午後の早い時間から大雨になってしまいました。梅雨だから仕方ないですが、梅雨が終わってしまう前に、患者さんから頂戴した素敵な紫陽花のカードを是非、載せたいと思います。

緊急事態宣言解除後も当院では以前と同様の感染抑制対策を取っており、検温や消毒など、日々のルーティンン業務は慣れてきましたが、それでも緊張感はずっと持続させているので以前より疲れるような気がします。(歳のせいかもしれませんが・・・)

心優しい患者さんがこのカードに書いて下さったように、早く心身共に穏やかな生活が送りたいものだと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

なぜ柴犬なんだろう?

院長の吉田です。
暫くブログから遠ざかり、最後に書いたのは何時のことかも思い出せません。元々、論文の様な硬い文章は得意なのですが、このブログの様な楽しい文章は受付の菊地が得意としておりますが、私には難しい限りです。

さて先日、歯根破折保存治療を受けられ、無事、治療が完了した患者さんからお手紙と一緒に柴犬の刺繍が施されたポーチ(ポチではありません)を頂戴いたしました。
おそらく手作りで非常に手の込んだ作品で、ずいぶん時間も要したのではないかと推察されます。この場を借りて御礼申し上げます。
自宅に持ち帰り、しげしげと眺めていたのですが、ふと、なぜ柴犬なんだろう?と思いました。

その患者さんは当院のブログを何時も読んで頂いているようなのですが、もしかして大分前に書いた私のブログを読んで下さったのでは?と思い当たりました。
あまり記憶が定かではないのですが、以前のブログで柴犬が好きなことを書いたことがある様な気がします。当院の古いブログに目を通して頂いているのだなと嬉しくなるとともに、やたらなことは書けないなと身が引き締まる思いです。

ですが好きな物を列挙しておくと患者さんから何か頂けるかもと淡い期待を膨らませる吉田でした。(菊地風な終わり方をマネしてみました)

吉田デンタルクリニック
吉田 浩一

得した気分♪

暑くなってきましたね。コロナ対策でマスク装着の上にこの暑さですから、今年の夏は本当に熱中症に注意が必要ですね。
当院も冷房しながら窓全開で外の空気を入れているので、なんだか電気の無駄遣いで地球の限られた資源さんに後ろめたいような気がする今日この頃です。

少し前のブログでお花屋さんがピンチということを知り、それ以来、お花を買っていますと書かせて頂いたのですが、今もずっと続けています。

いつもは自宅近くのスーパーで花束になったものを購入するのですが、先日、郊外の大きなスーパーに行ってみたら、お花が1本98円で売られていて自分の好きな花を組み合わせることができ、嬉しくなって数本購入しました。

真っ先に選んだのは百合だったのですが、なかなか咲いてくれず、やっぱり98円だとダメなのかしら・・・と思っていたらこれが遅咲きの大輪でして、つぼみがどんどん大きくなり、カサブランカのような大きな花が咲いてくれました。今のところ2輪咲いて、あと1輪がもう少しで開きそうです。

コロナ渦のなか、疲れて自宅に帰ると百合のかぐわしい香りに迎えられて、100円くらいでこんなに幸せな気分が長続きして、かなり得した気分の菊地でありました。(私って安上がり・・・?)

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「このタオルって一人ずつ替えているんですかっ?」

先日、ある患者さんから「このタオルってひとりずつ替えているんですかっ?」と、診療中に歯科衛生士さんに質問があったそうです。
“このタオル”というのは、診療中に患者さんのお顔に水や薬剤などがかからないよう、防護のためにお顔にかけている中央に穴が開いた歯科用の特殊なタオルです。

衛生士さんはその質問に驚愕し「もちろんです!患者さん毎に交換しています。どの歯医者さんでもそうしていると思いますけど。」と伝えたそうです。
後からそれを聞いた私も大変驚いたのですが、と同時に、患者さんはそんなことも心配するんだな・・・といたく考えされられました。

タオルの使い回しなんて医療機関側としてはあり得ない話で、(少なくとも当院ではそう思っています。ですが、ひょっとすると使いまわすとこともあるんでしょうか・・そういえば以前、インプラントの使い回しっていう信じられないこともありましたものね・・・)私達の常識がそのまま患者さんには通じないんだな、と改めて感じました。

当院のタオルは患者さん毎に交換し、毎日、院内で除菌後、洗濯をしています。その後、柔軟剤を入れて乾燥機にかけ、できるだけフワフワな状態でお顔にかけられるようにしています。
ですが、コロナ禍のなか、患者さんが衛生面に敏感なことは良くわかりますので、これまでは気にならなかったことでも心配になるのかもしれませんね。
当院では紙コップ・紙エプロンはもちろんのこと、診療用のトレーや唾液を取る器具など、できるだけディスポ化を進めています。タオルもそのようにしたいのですが、特殊なタオルなので1枚数百円かかるため、現在は洗って再利用しています。

ですが、再利用したタオルはどうしても不安…という方への選択肢として、

① ご自宅からマイフェースタオルをご持参頂く→丸い穴があいていないので、サージテルを使用して精密な治療を行っている院長先生の診療時には向かないのですが、定期検診でしたら大丈夫だそうです。
② 数百円お支払頂き、当院でマイタオルをご購入頂く→ご自宅でお洗濯頂き、毎回、ご持参頂く
③ どうしてもタオルを使用してほしくない場合、その旨を診療前にお伝えください。

当院でもこれ以外に何か方法があるか、考えてみますね。
タオル以外にもご希望があれば、遠慮なくおっしゃって下さい。
院長先生のコラムにあったように、コロナ禍に伴う「ニューノーマル」に対応するため、当院もアタマを柔らかくしないといけませんね。皆様のご意見、ウエルカムです!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

歯科衛生士便り「唾液の力(ドライマウスとは?)」を更新致しました。

現代病の一つであるドライマウスは、罹患している人が増え続けているそうです。
難病のシェーグレン症候群の症状でもあり、誤嚥性肺炎などの全身疾患の原因になる可能性があります。
お口の中だけの問題と考えず、気になる方はご相談ください。

詳しくはこちらからどうぞ。

唾液の力(ドライマウスとは?)

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
口腔内を潤してくれている唾液、「ツバ」と呼ばれ、汚い物として扱われますので、あまり良いイメージが無いと思いますが、唾液には優れた力があり、私達の健康を保つのに役立っている事をご存知でしょうか?
今日は陰の立役者である唾液についてお話させていただきます。

唾液は、口腔内の分泌液で、唾液腺から分泌されます。
成分の99%が水分で、水、電解質、粘液、酵素からなります。健康な成人で1日に1〜1.5リットルを分泌すると言われています。

口腔内にもたらす作用としては、
・口腔粘膜の保護 タンパク質の一種であるムチンが各種の刺激から粘膜を保護してくれます。
・のみ込みやすくする 食べ物を湿らせ、細かく砕きやすくし、のみ込みやすくします。
・自浄作用 食べかすなどを洗い流してくれます。
・抗菌作用 リゾチーム、ラクトフェリン、ヒスタミン、ペルオキシターゼ、免疫グロブリンIgAなど、10種類以上の酵素や抗菌物質による抗菌作用があります。
・消化作用 消化酵素のアミラーゼがデンプンを分解して消化しやすくします。
・pH緩衝作用 重炭酸塩やリン酸塩により、飲食後、酸性に傾いたpHを中和させます(酸性に傾くと歯が溶けます。)。
・再石灰化作用 リンやカルシウムがエナメル質を修復してくれます。
・溶解、味覚作用 食べ物が唾液と混ざることにより、脳に情報が届き、味を感じることができます。
この様にたくさんの働きをしています。

唾液の分泌量が低下すると、ドライマウス(口腔内乾燥症)となり、唾液の作用が働かず
舌の痛みや、口臭などの症状に悩まされ、虫歯や歯周病を含めた感染症にも罹りやすくなるなど、色々なトラブルを引き起こします。
ドライマウスの原因はさまざまで、薬剤の副作用、全身疾患、加齢など自身でコントロールできないものから、ストレス、喫煙、食生活、過度のアルコール飲用、口呼吸など改善できるものもあります。

現代病の一つであるドライマウスは、罹患している人が増え続けているそうです。難病のシェーグレン症候群の症状でもあり、誤嚥性肺炎などの全身疾患の原因になる可能性があります。お口の中だけの問題と考えず、気になる方はご相談くださいね。

歯科衛生士 児嶋

アマビエ様

今日は土曜の診療日であります。
コロナの影響で受診を控えていらした患者さんが徐々に戻ってきており、来院時の検温、薬液でのうがい、院内の消毒など、通常業務に加えて感染予防の業務と緊張感が加わり、来院者数は以前よりは少ないものの、今日はこれまでの土曜日以上の忙しさとなりました。

以前、思いがけず当院の23周年のお祝いカードを頂いた患者さんから、先日、アマビエ様を頂きました。
“アマビエ様ってご存知ですか?”と患者さんから尋ねられた時、アマビエ様?(アマエビなら知っていますが・・・)と無知なワタクシは思ったのですが、その後、ネットニュースでアマビエ様が話題になっていることを知りました。

ネット情報によりますと、アマビエとは、江戸時代、肥後国(現・熊本県)に出現し、「疫病が流行したら私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言した無病息災の妖怪だそうです。ナルホド 一つお利口になりました。

この患者さんは諫早神社のサイトからダウンロードし、わざわざ塗り絵をして私達に下さったのですが、頂戴した時、とても綺麗に色がついていたので、白紙から色を付けて下さったと伺った時にはスタッフ一同、びっくりしました。アマビエ様が有り難いのはもちろんですが、「皆さん大変そうだから・・・」と、時間をかけてアマビエ様を贈って下さったこの患者さんも本当に有り難い方です。

アマビエ様は院長室の棚の上から私達を見守って下さっています。
医療機関として、私達は今、出来る限りの感染予防の努力をしていますが、人間のすることですから100%とは参りません。人事を尽くして天命を待つ、ではないですが、あとは神頼み、アマビエ様頼りです。

明日の日曜日は良いお天気だそうです。
久しぶりの貴重な晴れ間、皆様、良い日曜日をお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

カピバラ恐るべし!

最近、ステイホームで自宅で過ごす時間が長くなり、以前よりテレビをよく見るようになりました。
朝、新聞のテレビ欄をじっくり見て、面白そうな番組があると録画して後からゆっくり見ています。

先日、録画した動物の番組で、カピバラの特集をしていたのですが、私はちょっとカピバラが羨ましくなりました。それはカピバラが温泉に浸かってのんびりしているからではなく、カピバラの歯はなんと、一生伸び続けることを知ったからなのです。
歯が伸び過ぎて咬みあわせが悪くなると、石を噛んで自分で前歯や奥歯を削って調整するそうです。
カピバラは歯医者さん要らずですね!

以前の歯科衛生士のコラムで歯がどんどん生え変わるサメが羨ましいというのがありましたが、呑気な顔して、カピバラもサメに負けていませんね。恐れ入りました。

吉田デンタルクリニック 受付 菊地